いのちの水の川

いのちの水の川は水晶のように透き通り

神と子羊の玉座から流れ出ている

川の両側にある命の木は毎月12種類の果実を実らせ

木の葉は民の病を治す

もはや呪いはなく

神と子羊の玉座は都にあり

僕たちは神に仕え 神の顔を見るだろう

その額には神の名がしるされる

そこには夜がなく

明かりも太陽の光さえもいらない

主なる神が光を与えるからだ

彼らは永遠に統べ治めるだろう

聖なる都である新しいエルサレムは

神のいる天から下ってくる天から

神の幕屋は人と共にあり

神は人と共に住む

彼らは神の民となり

神は彼らの神となるだろう

涙は拭われ

死も 悲しみも 嘆きも 苦しみもなくなる

古きものは過ぎ去り

神は全てを新しくする

神はアルパでありオメガであり

初めであり終わりである

渇いている者に神は命の泉の水を与える

打ち勝つ者はすべてを受け継ぎ

神はその人の神となり

その人は神の子となる

稲妻は東からきて西を照らす

終わりの日のキリスト 全能神は人々のもとに来た

全能神は真理 道 いのちであり

言葉は肉において現れる

人々は神の玉座の前で

神の国の訓練と完全にされることを受け入れる

終わりの日のキリストは

いのちへの永遠の道をもたらした

民は神と顔を合わせ

甘美なる神の言葉を楽しむ

言葉はもろ刃の剣

人を清め救うために裁く

神の家から終わりの日の審判が始まった

全ての民が全能神の名を讃える

神の国に全能神が来て

業は成就した

神は全ての栄光を獲得した!

前へ: 安息の中にある生活

次へ: 人類が永遠の終着点に入るとき

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

最後までついて行くために聖霊の働きに従いなさい

聖霊の働きは日々変化し より大きな啓示とともに段階ごとに高くなる こうして神は働き 人類を完全にするが ついて来れない人はとり残されるだろう 進んで従う心なしに 人々は最後までついて行くことはできない 生まれつき不従順で意志に逆らう者は 神の働きが速まるにつれ とり残され…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索