神は我々のところに静かに到来する

神は黙っている

今まで我々の前に現れたことはない

それでも神の業は止まらない

神はすべての国に目を注ぐ

神はすべてのものを支配する

神は人々の言葉と行為に全て注意を払う

神の営みは段階があり 計画にそって行う

神の業は天地が劇的に震えることなく

静かに進行する

それでも神の歩みはより人類に近づく

神の裁きの座は光の速さで宇宙に据えられる

そして直ぐに我々のところに神の玉座が降りてくる

何と荘厳な光景だ

何と威厳で厳かな情景だ

聖霊は鳩のように

吼える獅子のように

我々のところに来る

神は知恵があり 公正で威厳がある

権力があり 愛とあわれみに満ちて

我々のところに静かに到来する

愛とあわれみに満ちて

『言葉は肉において現れる』附録「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 人のキリストに対する抵抗と不従順の根源

次へ: 終わりの日の神の受肉の背後にある目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全ての者に及ぶ神の完全なる配慮

神の偉大さ 神の聖さ 至高の権威 そして愛 神の本質と性質の詳細は 神が自らの働きを行う度に明らかにされる それらは全ての人に対する 神の意志の中に見受けられ 全ての人の生命(いのち)の中で成し遂げられる 人生の中で人々が感じていても いなくても 神はいつでもあらゆ…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索