神は我々のところに静かに到来する

神は黙っている

今まで我々の前に現れたことはない

それでも神の業は止まらない

神はすべての国に目を注ぐ

神はすべてのものを支配する

神は人々の言葉と行為に全て注意を払う

神の営みは段階があり 計画にそって行う

神の業は天地が劇的に震えることなく

静かに進行する

それでも神の歩みはより人類に近づく

神の裁きの座は光の速さで宇宙に据えられる

そして直ぐに我々のところに神の玉座が降りてくる

何と荘厳な光景だ

何と威厳で厳かな情景だ

聖霊は鳩のように

吼える獅子のように

我々のところに来る

神は知恵があり 公正で威厳がある

権力があり 愛とあわれみに満ちて

我々のところに静かに到来する

愛とあわれみに満ちて

『言葉は肉において現れる』附録「神の裁きと刑罰に神の出現を見る」より編集

前へ: 人のキリストに対する抵抗と不従順の根源

次へ: 終わりの日の神の受肉の背後にある目的

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索