大小あらゆることにおいて神の道に従いなさい

神の道に従うには

身の周りの出来事を見逃してはならない

たとえそれが小さなことでも

あなたが注意しようがしまいが

それらが起こる限りは

見逃してはならない

神からの試練だと思いなさい

その態度があれば証明される

あなたの心は神を畏れていて

全ての悪を避けたいのだと

あなたが神を満足させたいなら

神を畏れあらゆる悪を避ける生き方から遠くない


大きなことでも小さなことでも

神の道に従う時はまたっく違いがない

気にも留めず話しもしないことを

あなたは真理からほど遠いことだと思い

それらが起こる時には

考えず見逃してしまう


あなたが明確にすべきことは一つ何が起ころうとも

神を畏れ悪を避けることを学ぶ機会とし

神が何をするのかを知ること

あなたが神を満足させたいなら

神を畏れあらゆる悪を避ける生き方から遠くない

側であなたの言動と

心の変化を見守るのが神の働きだ

あなたが神を満足させたいなら

神を畏れあらゆる悪を避ける生き方から遠くない


『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より編集

前へ: 神との正しい関係の築き方

次へ: 人の本分は被造物としての召命である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神はあなたの心と霊を捜し求めている

全能者の命の供給を離れ 生きる意味知らずに 死をまた恐れ 支えはなく、救いもないが それでも目を閉じようとせずに 魂の感覚のない肉体を支え 無理をして良心をごまかして生きている 誰も彼もが望みはなく 目標もなく生存している 伝説の聖なる者だけが救う 彼の到来を待ち 苦しみの中…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索