誰も積極的に神を理解しようとしない


神が悲しむ時は

神に全く気を留めない人々

神に従い神を愛していると言いながら

神の感情を無視する人々に向き合う

これで神の心が傷つかないことがあろうか?


神は救いの業の中で

誠実に働き 語り

遠慮なく人と向き合うが

神に従う者たちは神から隔てられ

神に近づこうとも

神の心や気持ちを思いやろうともしない

神と心を分かち合う人間になりたいと思っている者でさえ

神のそばに近づき 神を知ることを望んでいない

神を思いやることを望んでいない


神が喜ぶ時は誰もその幸福を分かち合わず

誤解される時神の心に慰めはない

神の心がその内側で傷つく時は

誰一人として神の告白を聞こうとはしない

神の数千年に及ぶ救いの業の中で

誰も神の気持ちを理解し察することもせず

神の喜びと神の悲しみを分かち合うために

神に寄り添うこともしない

神は・・神は寂しいのだ!

堕落した人間が神に背くからだけでなく

霊的であることや神を知ることを求める人々が

神の思いを理解しないことが・・

神は・・神は寂しいのだ!

自らの生涯を進んで神に捧げようとする人々でさえ

神の思いを理解しないことが・・

彼らは神の性質が分からない

彼らは神の気持ちが分からない

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神と融和している証拠はどこに

次へ: あなた方は何を神に報いたのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索