全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し

神の聖なる体が現れた

彼は神自身であり 真の神である

世界は変わり 肉もまた変わった

神の変容は神の真の姿である

金の冠を冠り

白い衣まとい

金の帯 胸に巻く

世界の万物は神の足台

神の眼は炎のようで

口には諸刃の剣

右手には七つの星

神の国の道は無限で明るく

神の栄光が輝く

山と川は喜び

太陽 月 星は巡り

秩序ある配置の中で

唯一の真の神 六千年の救いの計画を果たし

勝利と共に戻る神を歓迎するのだ!

皆が神を歓呼して喜び踊る

全能神は栄光の座に座る

神の聖なる名を賛美しよう!

勝利の旗がシオンの山に昇った

国々は歓呼し

万民は高らかに歌う

シオンの山は喜び

そして神の栄光が現れる!

会えるとは夢にも思わなかった

彼に今日会うことができた

日々神と顔を合わせ 心の全てを明かす

神は私の飲食の源と全てを与えてくれる

生活 言葉 行い 思い 考えを一歩ずつ

神が導くにつれ

神の栄光がそれらの全てを照らす

もしも誰かの心が不従順であれば

裁きがすぐにやってくるのだ

神と共に食べ 生きて 暮らし 楽しみ 歩む

栄光と恵みを受け 神の国の中で共に治める

何という喜び!甘美さ!

日々神と顔を合わせ

話し 語り 啓示を受けて

新しい事に気づく

霊の眼を開こう!

奥義が明らかにされる

聖なる生活を生きることは自由だ

さあ 足を止めないで!

素晴らしい生活へ進み続けるのだ!

甘さを味わうだけでは十分ではないから

神の場所へ走り続けるのだ!

神は全てを包み満ち溢れて

私たちに欠けるもの 全て神の手の中にあるから

盛んに協力して

神の中に入れば 何もかもが変わるだろう

私たちの生活はすべてを超越し

どんな人間も 何事も

私たちを妨げることはないだろう

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第十五章」より編集

前へ: 全能神は義の太陽として現れる

次へ: 全能神は王として統べ治める

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し 今日に至った しかし神が創造した人類は 長い間堕落に沈んでいる 人は神の存在を信じない 神が来ることを歓迎しない 神の求めにいやいや同意し 人生の喜び 悲しみを 心から神と分かち合わなかった 人は神を不可解なものと見る 神に微笑むふりをし へつらうよ…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索