洗い清められた者だけが安息に入れるだろう

未来の人はアダムとエバの子孫でありながら

もはやサタンの支配下にない

救われ、洗われ、清められた人だ

裁かれ罰せられ聖められた人類

創めの人類アダムとエバとは全く別の人類なのだ

サタンに堕落させられた者たち

その中から選ばれた人たち

最後の審判の中でもしっかと立ち

残ったこの人たちだけが

神と共に最後の安息に入れるのだ

神と一緒に最後の安息に入れるのは

最後の裁き懲らしめの日に

きよめの業にも揺るがない人のみ

裁かれ罰せられ聖められた人類

創めの人類アダムとエバとは全く別の人類なのだ

サタンに堕落させられた者たち

その中から選ばれた人たち

最後の審判の中でもしっかと立ち

残ったこの人たちだけが

神と共に最後の安息に入れるのだ

裁かれ罰せられ聖められた人類

創めの人類アダムとエバとは全く別の人類なのだ

安息に入るに足る者たちは

最後の清めの業を受け

サタンの力から放たれ

神によって勝ち取られ

最後の安息に入る

最後の安息に入れるのだ

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より

前へ: 神と人間の異なる安息の場所

次へ: 終わりの日の神から人への約束

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

真の祈りの効果

真の祈りの効果。……祈るにつれて人の性質は変わる。霊に触れられるにつれ、彼らはもっと従い、さらに積極的になるだろう。そして、真の祈りによって、彼らの心は次第に清められるだろう。真の祈りによって、清められるだろう。

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索