終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと

大いなるわざを行ってきた

神はあらゆる国と時代に

それぞれ異なるわざを行ってきた

神のそのさまざまな性質を

あらゆる時代に人々は見る

その性質はさまざまな働きを通して

全ての人にありのままに示される

神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方

神は罪を贖う捧げもの

そして羊飼いであられる

しかし神は人に、裁きと懲らしめを与える

それは呪いの言葉である


二千年より長く 神は人を導き

堕落した者の罪を贖った

神は神を知らない人々に

打ち勝ち服従させることができる

終わりに神は世界中の人のけがれと不義を焼き尽くす

人は神が聖なる驚くべき方であり

まさに裁きの神なのだと知るだろう

神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方

神は罪を贖う捧げもの

そして羊飼いであられる

しかし神は人に、裁きと懲らしめを与える

それは呪いの言葉である


悪人に向かう

神は焼き尽くす炎だ

神は裁きそのものである

神は人の罪を裁いて

彼らに罰を下すことができる

完全にされる者にとって

神は苦難と試練、刈込む方

慰めと支え、そして言葉を与えていく方

取り除かれる者にとっては、懲罰である

神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方

神は罪を贖う捧げもの

そして羊飼いであられる

しかし神は人に、裁きと懲らしめを与える

それは呪いの言葉である


『言葉は肉において現れる』の「二度の受肉が、受肉の意義を完成させる」より

前へ: 神がシオンに戻るとき

次へ: 新時代の戒めは極めて意義深い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮つ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神から託されたことを成し遂げるために身も心も捧げよ

私たちは身も心も捧げる 人類と敬虔な信者の一人として 神の委託任務を果たすために それが私たちの責任と義務 それが責任と義務 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない 私たちの存在は神からの贈り物 神の支配がなければ存在すらできない この身と心を神の…

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の超…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索