神の受肉の権威と意義

I

人の霊的器、認識、愛、忠誠、従順さ

そして人が見る全てのものは

神の言葉による裁きからきた

あなたの信仰は、神の言葉の上に成り立ち

それを通して神の驚くべき業を見る

神の多くの業は 人間には不可能だった

また大いなる奥義と奇跡で溢れる

そう、だから多くの者が服従した

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する

II

神の言葉の前では、かつて服従したことのない者さえ跪く

神の言葉による裁きの前に彼らはひれ伏し

その言葉を詮索せず

自らの舌で裁くこともしない

神の肉を見ると、まるで神が平凡であるかのよう

だが、神の言葉は人に見せる

彼が権威に満ち溢れていることを

彼が神自身であることを言葉は表す

彼に背ける者はいない、彼は肉なる神そのものである

III

受肉の神は言葉を語る

耳のある者全てが聞き彼の裁きを受けるために

神は霊の姿で人をおびえさせて服従などさせない

人の奥深くの隠れた古い性質が

この真実で類ない業により明示される

人がそれを認め自分を改めるために

神の裁きは実践的で言葉により下される

これが神の受肉の権威と重要性だ

これが神の受肉の権威と重要性だ

神の言葉による裁きをしのぐ者も

彼の権威にまさる闇も無い

神の受肉と権威

そして言葉による裁きの故に人は服従する


『言葉は肉において現れる』の「受肉の奥義(4)」より編集

前へ: 神の受肉は主に神の言葉を表すため

次へ: 神の受肉の権威

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は天地万物を人のために創造した

すべてのものは互いに繋がって依存し これを通して人の環境は守られている この原則のもとでその環境は守られ存続し この生存環境により人は増え そして栄えることができる 神はこの原則を使って 万物の命を維持し 奇しい業で全ての存在を保つ 神はこうして万物に与え 同じように人類にも与え…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索