神の御心は全ての人に開かれている

人類の創造以来 変わりなく

神は自らの存在や意志 所有するものや性質を

全ての人々に対していつも明らかにしている

神は自らの本質や性質を隠したことなど

一度もなかった

神は自らのその意志さえも故意に隠したことなど

一度もなかった

人々が神の働きに心を寄せることをせず

人々が神のその意志に心を寄せることをせず 

人々が神の全てに心を向けることをしないがために

神に対する理解は哀れなほど低いのだ

人類の創造以来 変わりなく

神は自らの存在や意志 所有するものや性質を

全ての人々に対していつも明らかにしている

神は自らの実体を隠しながらも 

いつも人々の傍らにいて

神は本質や性質 その意志さえ

どの瞬間にも現している

それは、神の実体さえ明らかであるという意味だ

全ての人々の前に明らかであるというのに

人々の盲目のゆえ

神の現れを見ることがない

人々の不従順のゆえ

神の現れを見ることがない

人類の創造以来 変わりなく

神は自らの存在や意志 所有するものや性質を

全ての人々に対していつも明らかにしている

人類の創造以来 変わりなく

神は自らの存在や意志 所有するものや性質を

全ての人々に対していつも明らかにしている

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: その働きを通して神を知るべきだ

次へ: 神の万物の統治を通して神を知りなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

全能者の超越性と偉大さ

いつも神の意のまま 神の見守る中 雷光のような速さで この世界は変わることがある 人が夢にも思わなかったことが到来するだろう 人が長らく手にしていた物は 消え去ってしまうだろう 神の足跡を知る者は誰もいない 誰も彼の力の偉大さを把握できない 人に見えないものを感知するのが神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索