小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の性質は崇高で偉大である

1

神の怒りは、正しくないものが人間を虐げていること、闇と悪とが存在していること。また、真理を追いやり、善に敵対するものがあることに向けられる。神の怒りは全ての悪いものの終りを象徴し、更にまた神の聖さを象徴する。神の聖さを象徴する。神の喜びは、義と光が世界を訪れることであり、闇と悪の崩壊である。神の喜びは人間に光と美しい生活をもたらす。神の喜びは義である。それは良いもの全ての象徴であり、幸運の象徴である。幸運の象徴である。

2

神が悲しむのは、神の望みである人間が闇の中にいること、人間への業が神の意志にそぐわないこと、神の愛する全ての人間が光の中で生きられないことである。神が悲しむのは、人間のうちの罪無き者たちであり、誠実であるが盲目な者たちであり、善良であるが確信が持てない者たちである。神の悲しみは神の善と憐みと美と慈愛の象徴である。神の喜びは、義と光が世界を訪れることであり、闇と悪の崩壊である。神の喜びは人間に光と美しい生活をもたらす。神の喜びは義である。それは良いもの全ての象徴であり、幸運の象徴である。幸運の象徴である。

3

神の幸せは、敵を打ち破り、人間の本当の心が勝ち取られること、敵の勢力が退けられ消滅すること、そして人類が安心して麗しく平穏な生活を送ることである。神の幸せは、人が思う幸福とは大きく異なる。それは幸福にまさる実を刈り入れる味わいである。神の幸せは、もうそれ以上人類が苦しむことが無いこと、また人類が光の世界に入ることの象徴である。神の喜びは、義と光が世界を訪れることであり、闇と悪の崩壊である。神の喜びは人間に光と美しい生活をもたらす。神の喜びは義である。それは良いもの全ての象徴であり、幸運の象徴である。幸運の象徴である。