神の愛と本質にはいつも私欲がない

神は自身の最善を人に与え尽くす

神は類いなく最善のものを人に与える


苦しみを明かさずに

神は耐え 静寂の中に待つ

冷たくも麻痺もせず

弱さすら見られない

神の愛と本質にはいつも私欲がない

神は自身の最善を人に与え尽くす

神は類いなく最善のものを人に与える

すべての人のために神は苦しむ

すべての人のために静かに支え

そっと与える 最高のものを


苦しみを明かさずに

神は耐え 静寂の中に待つ

これが神の本質と性質の表れであり

万物の創造主であることを表している

神は自身の最善を人に与え尽くす

神は類いなく最善のものを人に与える

すべての人のために神は苦しむ

すべての人のために静かに支え

そっと与える 最高のものを

そっと与える 最高のものを

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 受肉の神は最も愛すべき方

次へ: 神の愛は最も真実である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消す…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう者…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索