神のものとされた人々は永遠の祝福を楽しむ

神は全ての人と世界を滅ぼしはしない

神によって征服され 神を愛する三分の一の者たちを残す

かつてのイスラエルのように

彼らがこの地で盛えるように

神は糧を与え地の全ての富を与える

彼らは永遠に神と共に住み

汚されることはもうない

神のものとされた全ての会衆は

サタンの敗北後に残るだろう


サタンの害悪から解き放たれ自由になり

地上に残った人々は

かつて神が約束したものを受け継ぐだろう

征服された者は残り

この地の恵みを楽しむだろう

彼らはサタンに対する神の勝利の証し

国・宗派・言語・習慣・肌の色

彼らはこれら全て違う民族から成る

彼らは神の救いの実である

これは神がサタンの魔の手から救った戦利品

神の六千年に及ぶ救いの計画の唯一の実

彼らは地球の隅々まで広がり 再び一つとなった

サタンの魔の手が届かない会衆

彼らは神の救いの実である


『言葉は肉において現れる』の「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」より編集

前へ: 人間を救う働きとはサタンを打ち破る働きである

次へ: 働きの三段階は神の人類経営をすべて伝える

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索