神の言葉は人が歩むべき道である

どんな時代でも神は 地上で業を行う時

人類に言葉を授け 真理を伝える

それらの真理は人のため 歩むべき道、また

守るべき道として役立ち

神を畏れ 悪を避けるように人を導く

神の言葉は、生活の中で実行すべきもの

人生の旅路において、固く守るべきものなのだ

それが神が言葉を人に授ける理由なのだ


それらの言葉は神が 自ら人に授けるもの

人はそれを守るべきだ いのちを受けるために

神の言葉に従わず それを実行せず

日々の暮らしで生かさないなら

人は神の真理を 実践していることにはならない

神の真理をもしも実践していないとするなら

人は神を畏れ、悪を避けることはできない

そういう人は神を満足させることはできない

そして神を満足させることができないのならば

人は神から賞賛を受けることなどない

そういう人は何ひとつ成果を残せないだろう 


『言葉は肉において現れる』の「神の性質と神の働きが達成する成果をいかにして知るか」より

前へ: 神は人間の真の服従を望んでいる

次へ: 信者のための行動原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

終わりの日のキリストが東方に現れる

大いなる光が暗い地に現れる。 東方の稲妻が今、光を放った。 これは人の子の降臨である。 この事実についてどうして声を上げて歌わずにいられようか。 あなたは受肉された実際の神。 全能神よ、私たちはあなたをいつも讃美する。 あなたのことを声高らかに歌う。 全能神よ、私たちはあなたをい…

神の言葉を大切にする者は祝福される

喜んで神の見守りを受け入れる者は 神への認識を追求する人である 彼らは喜んで神の言葉を受け入れ 神からの授かり物と祝福を得るだろう 彼らは最も祝福された者である 神は神のため場所を持たない者を呪い 罰を与え 見捨てる 神の言葉追求して大切にする者の中で神は働く あな…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索