小羊に従って新しい歌を歌おう

目次

神の言葉は人が歩むべき道である

あらゆる時代を通して地で業を行う時、神はいつも人間(人類)に言葉を授け、真理を伝える。それらの真理は人間が歩むべき道、守るべき道として役立つ。その道は、人が神を畏れ悪を避けるように導く。それは、人が生活の中で、また人生の旅路において、実行し固く守るべきものである。それが神が言葉を人に授ける理由である。

それらの言葉は神自身から来る。だから人はそれを守るべきだ。そうすれば人はいのちを受ける。それに従うことも、それを実行することもなく、それらの神の言葉を実生活の中で生かさないのなら、その人は真理を実行していることにならない。真理を実行していないということは、神を畏れず、悪を避けていないこということだ。そういう人は神を満足させることができない。神を満足させないということは、神に誉められることはなくその人間の結末は無である。