人の真の信仰と愛を得ることを神は望む


神があなたに望むのは

神の真の側面を知ること

あなたはもっと神と親しくなり

神の人への思いやりと愛を心から理解するだろう

神についてもはや疑うことなく

あなたは心を捧げ尽くすだろう

もはや何の猜疑心もなく

静かではあるが 神は人に全てを尽くす

神の真心と誠実さ 愛は静かに人にあたえられる

神は為した業を後悔しない

人から報いを求めることも

何か得ることも望まない

神が為す全ての業の目的は

人の真の信仰と愛を得るため


本当の神の性質を知り

本質を深く理解する時

神がすぐそばに居ることを

あなたは感じるだろう

それこそが真実

神は為した業を後悔しない

人から報いを求めることも

何かを得ることも望まない

神が為す全ての業の目的は

人の真の信仰と愛を得るため

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 人間への神の期待は変わったことがない

次へ: 神は彼に耳を傾け従うものを大切にする

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

裁きを避けることの結果

裁きと真理が何であるか あなたは解かりますか? もし解かっているのなら 神は裁きに従うよう勧める そうしなければ神から称賛され 神の国に入る機会を失うだろう 忠誠を誓いながら裏切る者を 神は容赦しない 霊と魂・肉体において罰するだろう これは神の義の現れ 人を裁き露わにする…

苦しい試練を通してのみ神の麗しさを知ることができる

神を満足させることを求めるのは 神への愛を持って神の言葉を実行することである いつであれ 他の人の力が欠けても あなたは神を愛し 深く慕い 神のことを焦がれる これが実際の背丈である あなたの背丈は神への愛によって あなたが試練の中でも 立つことができるかどうかによって決ま…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索