神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される

人々は己の努めを全うできる

自分の居場所で神の全ての定めに従う

その時神は

地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう

また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう

また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう

神は地上で永遠の勝利を得る

神に逆らう者たちは永遠に滅ぼされる

こうして神は人を創った目的を回復する

すべてのものを神が創った意図や

この世で神の権威が回復され

万物や神の全ての敵の上に神の権威が回復される

これこそが神の勝利、神の完全勝利の印

これこそが神の勝利、神の完全勝利の印

ここから先、人は安息に入り

正しい道に従う人生を歩みだす

神もまた人と共に永遠の安息に入り

分かち合える永遠の生活に入る

この世の穢れと反逆は消え

泣き叫ぶ声も消え去る、すべて消え去ってしまう

この世で神に逆らう者はもはやいなくなり

生き残るのは神と救われた人々だけ

神が創造したものだけが残るだろう

神が創造したものだけが残るだろう

『言葉は肉において現れる』の「神と人は共に安息に入る」より編集

前へ: 神の人類への最後の約束

次へ: 神は人類のためにより美しい明日を創造する

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索