神はサタンを打ち負かし人を救うために肉となった

神が肉体として地上にいる間

人々の間で神の業を行なう

全ての業にはたった一つの目的がある

それは悪魔サタンを打ち倒すこと

神は人を征服することでサタンを倒す

また人々を完全な存在にすることで

世界に鳴り響くような証しとするならば

これもサタンの敗北のしるし

神はサタンを打ち倒して人類を救うため肉体となった

悪魔のサタンを打ち倒すためには

まず人を征服し完全なものにする

本質的にサタンを打ち破ると同時に

神は人を苦悩の世界から救う

この業を為すのが中国でも全宇宙でも

すべてサタンを倒し人々を救うために

人々が安息の地へ入ることができるように

神は人類を救おうとする

神はサタンを打ち倒して人類を救うため肉体となった

神が普通の肉体に宿たのは

サタンを打ち倒すためである

この受肉の神の業は

天の下で神を愛する全ての者を救うこと

人類を征服して サタンを打ち破るため

人類を救うためにサタンを倒すことは

神の業全ての真髄から切り離せない

神は全人類を救うため

神はサタンを打ち倒して人類を救うため肉体となった

『言葉は肉において現れる』の「人間の正常な生活を回復し、素晴らしい終着点に連れて行く」より編集

前へ: 肉となった神が現れた時に示す権威と力

次へ: 神は人類をどのように見ているのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解してい…

神を崇め悪を避ける者を神は救う

ノアの時代に 人類は迷って堕落をし 神の祝福を失った もはや神の配慮は得られずに 神の約束は失われた 神の光りを失くした 彼らは暗闇の中で生き ふしだらな性質になり 恐ろしい堕落へと身を任せた ノアだけが悪を避け神を崇めたので 神の声と指示を聞くことができ 神の命令に従って箱舟を…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索