二千年に及ぶ切望


神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし

宗教的秩序を覆した

それは神の出現を待ち望んでる

全ての人の魂を掻き立てた

この出来事を見て驚かない者がいるであろうか?

その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか?

神は何年もの間人々と共に過ごしたが

人々はその事に少しも気付かなかった

今日 神自身が現れ

昔から持っていた人への愛を新たにした

昔の愛を新たにしたのだ


神はユダヤを去った後

その足跡さえ残さないまま

姿を消してしまった

人々はまた神を見る事を待ち望んでいたが

今ここで神と再び会うとは夢にも思わなかった

それは過去の記憶を呼び覚まさないか?

それは過去の記憶を呼び覚まさないか?

二千年前 バルヨナ・シモンはイエスと出会って

同じ食卓で共に食事をした

バルヨナ・シモンはイエスと共にいた数年の間に

イエスへの愛を深めて

心の底からイエスを愛した

神は何年もの間 人々と共に過ごしたが

人々はその事に少しも気付かなかった

今日 神自身が現れ

昔から持っていた人への愛を新たにした

昔の愛を新たにしたのだ

『言葉は肉において現れる』の「働きと入ること(10)」より編集

前へ: 神は肉による働きでのみ人を獲得できる

次へ: 終わりの日のキリストは神の国の時代をもたらした

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせようと…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索