神の働きを知っているか


肉にある神の業は

華やかでも神秘でもない

1+1=2であるように現実的で

秘密も裏表もない

見るものすべてが

手にする真理や認識が本物である

業が終わる時神への認識は新たになるだろう

真に神を求める者の観念は全てなくなる

これは中国人だけに限られた業の効果じゃない

全人類征服の業を示している

全人類征服の業を


この肉の働きと全てが

征服の業のためになる

他の何よりそれらは益となる 今日も明日も

この肉は全人類を征服し獲得するのだ

神を見上げ、従い、認識する

それ以外素晴らしい働きはない

真に神を求める者の観念は全てなくなる

これは中国人だけに限られた業の効果じゃない

全人類征服の業を示している

全人類征服の業を

『言葉は肉において現れる』の「堕落した人間は受肉した神による救いをより必要としている」より編集

前へ: 言葉の働きを通して人々は神をよりよく知る

次へ: 神の業は前進し続ける

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への愛…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索