終わりの日の裁きとは時代を終わらせる働きである

律法や恵みの時代とは違い

終わりの日の業はイスラエルではなく

異邦人に為され

玉座の前で彼らを征服する

全宇宙は栄光に満ち

地の被造物はその栄光を

全ての国と世代に伝える

天地の被造物がみな

神が地で得た栄光を見られるように

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる


その業は地の人の生活や

人類を新時代に導かない

人の生活は続かない

それは神の経営計画や人間存在に無意味だ

神の業と悪による支配が続くのは

六千年だけだ

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる

時は来た。神はサタンを負かし

栄光と神に属する魂を取り戻し

苦しみから解き放す

こうして地での神の業は終わる


二度と神は地で肉にならず

神の霊も地で働かない

神はただ人類を作り直す

聖なる人類、忠実な地の住まいへと

終わりの日の業は征服の業

その時、全ての時代は終わる

神の六千年もの計画は終わる

そして何千年もの地の人々の苦難も終わる

ああ、苦難は、終わる、終わる


『言葉は肉において現れる』の「肉なる者は誰も怒りの日から逃れられない」より編集

前へ: 神の救いの業の目的

次へ: 言葉の働きを通して人々は神をよりよく知る

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

どんな被造物も神の愛は持っていない

どんな被造物も神の愛は持っていない 神の言葉は命に満ちていて 私達に歩むべき道を示す 神は真理とは何かを教え 私達は神の言葉に惹きつけられる 私達は神の口調に注意し始め 平凡な人の内なる声を意識し始める 神は人のため一心に働く 眠ることも、食べることもできない 神は涙を流して息を…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に…

神の前で心を静める方法

神の前で心を静めるには 外部から心を遠のかせ 神の前で静まり 集中して神に祈りなさい 神の前で心を静め 言葉を食べ享受しなさい 神の愛に思い巡らせ 心で神の働きを熟考し 祈ることから始めなさい 祈りから始めなさい 時間を決め 一心に祈りなさい 忙しく時間に追われても 何が起こっ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索