その働きを通して神を知るべきだ

神が肉となり普通の人

神の業と委託を担う人となったことは

普通の人には耐えられない苦痛を受けながら

働きを引き受けることを意味していた

神の苦しみは人間への献身を表し

人を救い その罪を贖って

この段階を完成させるための代価と

神が受ける辱めを象徴している

それは神が十字架から人を贖うことを意味している

それは神が血と命で支払った

被造物には払うことのできない代価である

彼は神が所有するものと神そのものを備え

神の本質を持っているので

このような働きと苦しみに耐えることができる

神の行うことができる被造物はいない

これは恵みの時代の神の働きであり

神の性質を明らかにするものだ

神の国の時代 最初の時と同じように

神は再び肉となり

その言葉と神が所有するものと神そのものを表し

余すところなくすべき働きを為す

また神は人間の不従順と無知にも耐え寛容を示す

そして常に神の性質を明らかにし

それと同時にその意志も表す

人間の創造から今日まで

神の性質と意志

神が所有するものと神そのものは

誰に対しても開かれ

故意に隠されたことはなかった

神の行うことやその意志に

人が無関心であるという現実

これこそが人が神について

あまり知らない理由なのだ

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 人間は神の意志を理解していない

次へ: 神の御心は全ての人に開かれている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

あなたの苦しみがどんなに大きくても神を愛することを求めよ

今日の神の働きが どれほど価値あるものか 理解するべきだ 多くの人はそれを知らず 苦しみには価値がないと思う 彼らは信仰ゆえに虐げられ 世に避けられ家庭でも悩みがある 彼らの未来はあまりに暗く 苦しみのあまり死を望む者もいる こんなことで神への愛を示せるか! このような者に…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索