その働きを通して神を知るべきだ

神が肉となり普通の人

神の業と委託を担う人となったことは

普通の人には耐えられない苦痛を受けながら

働きを引き受けることを意味していた

神の苦しみは人間への献身を表し

人を救い その罪を贖って

この段階を完成させるための代価と

神が受ける辱めを象徴している

それは神が十字架から人を贖うことを意味している

それは神が血と命で支払った

被造物には払うことのできない代価である

彼は神が所有するものと神そのものを備え

神の本質を持っているので

このような働きと苦しみに耐えることができる

神の行うことができる被造物はいない

これは恵みの時代の神の働きであり

神の性質を明らかにするものだ


神の国の時代 最初の時と同じように

神は再び肉となり

その言葉と神が所有するものと神そのものを表し

余すところなくすべき働きを為す

また神は人間の不従順と無知にも耐え寛容を示す

そして常に神の性質を明らかにし

それと同時にその意志も表す

人間の創造から今日まで

神の性質と意志

神が所有するものと神そのものは

誰に対しても開かれ

故意に隠されたことはなかった

神の行うことやその意志に

人が無関心であるという現実

これこそが人が神について

あまり知らない理由なのだ

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 神を知ることは被造物の最高の栄誉

次へ: 神の万物の統治を通して神を知りなさい

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

神を証しするには性質の変化がなければならない

神の様々な働きは人の性質を変える 変化なくして証し出来ず 神の心にも適わない 性質が変化した人は サタンと闇から解かれて 神の働きの模範となる 神の心に適う、神の証し人 神の証し人は神を認識しなければならない この証しだけが本物で サタンを恥じ入らせる 刈り込みと取扱いと裁…

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索