その働きを通して神を知るべきだ

神が肉となり普通の人

神の業と委託を担う人となったことは

普通の人には耐えられない苦痛を受けながら

働きを引き受けることを意味していた

神の苦しみは人間への献身を表し

人を救い その罪を贖って

この段階を完成させるための代価と

神が受ける辱めを象徴している

それは神が十字架から人を贖うことを意味している

それは神が血と命で支払った

被造物には払うことのできない代価である

彼は神が所有するものと神そのものを備え

神の本質を持っているので

このような働きと苦しみに耐えることができる

神の行うことができる被造物はいない

これは恵みの時代の神の働きであり

神の性質を明らかにするものだ


神の国の時代 最初の時と同じように

神は再び肉となり

その言葉と神が所有するものと神そのものを表し

余すところなくすべき働きを為す

また神は人間の不従順と無知にも耐え寛容を示す

そして常に神の性質を明らかにし

それと同時にその意志も表す

人間の創造から今日まで

神の性質と意志

神が所有するものと神そのものは

誰に対しても開かれ

故意に隠されたことはなかった

神の行うことやその意志に

人が無関心であるという現実

これこそが人が神について

あまり知らない理由なのだ

『言葉は肉において現れる』の「神の働き、神の性質、そして神自身 1」より編集

前へ: 人間は神の意志を理解していない

次へ: 神の御心は全ての人に開かれている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

神だけがいのちの道を持っている

いのちの道は誰もが備えているものではなく それは誰もが簡単に手に入れられるものではない いのちは神だけから来るのであって唯一 神だけがいのちの本質 いのちの道を持っている それゆえ神だけがいのちの源であり 尽きることなく流れる生けるいのちの水の泉である 世界の創造以来 神は…

神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で 神の恵みなしに生きている者などいるだろうか もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら 一体誰がこの世界で満ち足りて暮し 富を楽しむだろう 神の祝福とは 神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を 神があなた方に与えることだけなのだろうか もしあなた…

神は人が真の信仰を持つことを願う

神は常に 人に厳しさを求める もしあなたの忠誠心が条件付きなら 神はその「忠誠心」を欲しない 神はわざと神を欺いたり 神に要求ばかりする人を嫌う 神が人に望むのは忠誠を誓い 誰にもまして神に忠実で 全てを信仰のために行い 信仰という一語を証明すること あなたが神を喜ばせよう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索