重要なのは自分の思いと視点を知ること

自分を知ることは、自分の思いや視点の中で神に反するものは何か、真理とまったく相容れないものは何か、真理のないものは何かを知ることです。例えば人間の傲慢、独善、嘘、欺瞞などを知ることです。これらは簡単に認識できる堕落した性質です。さらに、程度の差はあれ、誰にも傲慢さと欺瞞があります。だが、人の思いと視点は容易には知ることができません。それは人の性質を知るほど容易ではありません。それらは深く根ざしているものです。だから振る舞いや外面的な行動に少し変化を遂げたとしても、あなたの思い、観念、視点、あなたが受けた伝統文化の教育には、神に敵対する側面や、あなたがいまだ掘り起こしていない側面が数多くあります。そうした事柄が神に敵対する根源なのです。

『キリストの言葉の記録』の「自分の誤った考えを知ることでのみ自己認識ができる」より編集

前へ: 自分の本性を分析するには

次へ: 本性を解決する基本原則

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

世界は崩壊しバビロンは麻痺している!

全宇宙の人々は、わたしの日の到来を祝い、天使たちが民たちの間を歩く。サタンが問題を起こすと、天使たちが天での仕えにより、いつでもわが民を助ける。彼らは人間の弱さのせいで悪魔に欺かれることはないが、闇の勢力の攻撃の結果、よりいっそう霧の中で人生を経験しようと努める。民たちはみな…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索