我らの生活は終わりのない喜び

兄弟姉妹が教会に集まり

王なる神を讃美する

我らは喜び 歌い そしてダンスする

神は肉となってこの世界に現れ

我らを救うために真理を表す

神の声を聞き我を忘れて喜びに溢れる

御座の前で我らは祝宴の席に着く!

我らは神の言葉を享受し 御前に生きる

歌って笑い その喜びに終わりはない!

兄弟姉妹といると

言葉では言えないほどの幸せだ

神の言葉で交わり 経験を分かち合う

真理を理解し 霊に喜びが訪れ

儀式も規則もなく解放され自由だ

子羊の婚宴に参加し

神の国の生活は最高だ

神の言葉は我らを裁き 清め 新たにした

御心を満足させるため

熱心に働き本分を尽くす

我らは平安と喜びに満たされる

兄弟姉妹よ さあ 立ち上がれ!

心をひとつにして我ら人類の本分を尽くそう

神の心を満足させるために

福音を伝え神を証ししよう

喜びに溢れて共に讃美の歌を歌おう!

兄弟姉妹よ 大声で歌い讃美しよう!

我らは神の言葉を享受し 御前に生きる

歌って笑い その喜びに終わりはない!

前へ: 神の愛は私たちを互いに近づける

次へ: 神は私たちの間におられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

誰も積極的に神を理解しようとしない

神が悲しむ時は 神に全く気を留めない人々 神に従い神を愛していると言いながら 神の感情を無視する人々に向き合う これで神の心が傷つかないことがあろうか? 神は救いの業の中で 誠実に働き 語り 遠慮なく人と向き合うが 神に従う者たちは神から隔てられ 神に近づこうとも 神の…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索