いのちの証し

いつか私は神を証ししたことで迫害されるだろうが

私は知っている

それが義の為だということを

たとえこの命が瞬きほどのものでも

キリストに従い、証しできることを誇りに思う

御国の福音が広まるのを目にすることがなくても

心の底から願う

御国の実現を見られなくても

今日、サタンを辱めることができるから

私の心は、喜びと平安に満たされる

御言葉は世界中に広がり

人の間に光が現れた

キリストの国が興り、逆境の中で建て上げられる

暗闇は過ぎ去ろうとしている、義の夜明けだ

時間と現実は神への証しを携える

いつか私が殉教すれば

神への証しは出来ないが

多くの聖徒により

福音は炎のように広がる

険しい道をどこまで行けるか知らないが

神のために証しし、神を愛する心を捧げる

神の意志を為し

キリストの出現と業を証しすることを願う

キリストのことを証しするため

献身することは光栄なことだ

困難を恐れず、炉の中の純金のように

サタンの支配下に勝利し

兵士が生まれる

御言葉は世界中に広がり

人の間に光が現れた

キリストの国が興り、逆境の中で建て上げられる

暗闇は過ぎ去ろうとしている、義の夜明けだ

時間と現実は神への証しを携える

前へ: 悔いのない選択

次へ: 魂の呼びかけ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索