いのちの証し

いつか私は神を証ししたことで迫害されるだろうが

私は知っている

それが義の為だということを

たとえこの命が瞬きほどのものでも

キリストに従い、証しできることを誇りに思う

御国の福音が広まるのを目にすることがなくても

心の底から願う

御国の実現を見られなくても

今日、サタンを辱めることができるから

私の心は、喜びと平安に満たされる

御言葉は世界中に広がり

人の間に光が現れた

キリストの国が興り、逆境の中で建て上げられる

暗闇は過ぎ去ろうとしている、義の夜明けだ

時間と現実は神への証しを携える


いつか私が殉教すれば

神への証しは出来ないが

多くの聖徒により

福音は炎のように広がる

険しい道をどこまで行けるか知らないが

神のために証しし、神を愛する心を捧げる


神の意志を為し

キリストの出現と業を証しすることを願う

キリストのことを証しするため

献身することは光栄なことだ

困難を恐れず、炉の中の純金のように

サタンの支配下に勝利し

兵士が生まれる

御言葉は世界中に広がり

人の間に光が現れた

キリストの国が興り、逆境の中で建て上げられる

暗闇は過ぎ去ろうとしている、義の夜明けだ

時間と現実は神への証しを携える

前へ: 悔いのない選択

次へ: 魂の呼びかけ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

終わりの日に神は自らの性質の全てを現した

神の霊は世界の始まりからずっと 大いなるわざを行ってきた 神はあらゆる国と時代に それぞれ異なるわざを行ってきた 神のそのさまざまな性質を あらゆる時代に人々は見る その性質はさまざまな働きを通して 全ての人にありのままに示される 神は、憐みに満ち、思いやりに満ちた方 神は罪を贖…

人類が安息に至る唯一の道

懲らしめと裁きによる 神の最後の聖めの中立つ者は 最後の安息に入る サタンから解き放された者は 神のものとなり最後の安息に至る 裁きと懲らしめの真髄は 最終の安息に備え人を清めること この業がなければ 全人類は種類で分類されない それが安息に入る唯一の道 清めだけが不義を消…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索