これが真の人間らしさである

神を信じるなら、真理を理解する前に神の言葉をもっと読むべきだ。真理を理解することでのみ自分を知り、自分にどんな堕落した性質があるか判別し、はっきり認識できる。真理を実践して神の前で生きるには、肉に背き、自分の好みや欲望やサタン的性質と戦いを交えなければならない。自分のサタン的性質を心から嫌い、肉の好みを真に憎むなら、人は意識的に真理に従って実践でき、行動は原則に基づき、範囲と限界があるだろう。それが真理を理解することで得られる効果だ。真理を理解しないなら、人は絶えず肉に支配され縛られ、前進する術がない。

人生観や、生存の意義と基盤がすっかり変わり、骨の髄まで変化して別人になる日まで人が経験するなら、それは驚くべきことではないか。これはまさに地を揺るがす大きな変化だ。この世の名声、富、地位、金銭、快楽、贅沢に無関心になり、それらを捨て去ることができて初めて、人間らしさを得るだろう。最後に完全にされるのは、このような人々の一群だ。彼らは真理のため、神のため、そして正しいことのために生きる。これこそが真の人間らしさだ。

『キリストの言葉の記録』の「人の本性における共通点と相違点を理解する」より編集

前へ: 性質が変化した人は人間らしく生きられる

次へ: 真理をもつ人だけが真の人生を生きられる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神を知りさえすれば人は神を畏れ悪を避けることができる

悪を避けるには 神を畏れることを理解し 畏れるには神を知らなければならない 神を知るにはその言葉を体験し 裁きと訓練を知る必要がある 神を畏れ悪を避けることは 神への認識において無数の繋がりを持つ 神を知れば人は神を畏れ悪を避けられる 神の言葉を体験するには 神とその言葉に…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索