人間らしく生きる

世の影響に深く染まり、私は偽りと見せかけの人生を歩んでいた。

人に対しとても用心深く慎重で、気軽に本音を言ったことなどない。

自分を高尚だと信じながらも、裏では人生哲学に頼って行動していた。

自分の虚栄心を満足させたが、心の中の恐怖を隠せはしなかった。

神の言葉は人類のサタン的本性を裁き露わにする。

夢から覚めたかのごとく、私は人間らしく生きていなかったと悟った。

嘘をつき、不正をし、騙すことが私のいのちそのものになっていた。

誠実、善良な心なくして、そこにどんな尊厳や人格があるのか。

ずるい人々は、神によって取り除かれ棄てられるべき悪魔どもだ。

私は人間性に欠けた自分を憎み、新たな人になろうと決意する。


神は本質が信実で義であり、すべてを吟味する。

人の欺瞞は神の目を逃れられず、最後には暴かれる。

誠実な人は真理を愛し、神の祝福と守りを得る。

私は真理を理解し、偽装を脱ぎ捨て、誠実な人間になろうと思う。

ありのままに、率直に、自分を分析し露わにする。笑われることを恐れない。

感情に頼らず、不純な動機を持たず正直に話す。

神の前でごまかさず、心を捧げる。

見返りを求めず、ただ神を満足させるために、忠実に本分を尽くす。

真理に従って行動すると、心は軽くなり楽しい。

誠実な人であること、光の中で生きることこそ、真の人生。

神を尊び神の言葉によって生きることで、私には今や人格と尊厳がある。

神の言葉は私を清め、私は人間らしく生きることができるようになる

前へ: 悔い改め新たにやり直す

次へ: 神の愛らしさをいつも思っている

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

全能神の聖なる霊の体が現れた

全能神が栄光の体を現し 神の聖なる体が現れた 彼は神自身であり 真の神である 世界は変わり 肉もまた変わった 神の変容は神の真の姿である 金の冠を冠り 白い衣まとい 金の帯 胸に巻く 世界の万物は神の足台 神の眼は炎のようで 口には諸刃の剣 右手には七つの星 神の国の道は無…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索