このような穢れた地に住む人々


人は神から遠く離れ 神に逆らっている

何故なら人は穢れた地に生まれ 社会に毒され

封建的な倫理に左右されているからだ

また「高等教育」を受け

保守的な思想

腐敗した道徳

邪悪な哲学

価値のない存在

堕落した習慣 生活

卑しい人生観

それらによって人の心は侵害され

良心は攻撃されているので

人は神から遠く離れ 神に逆らっている

暗闇の中に生きる者は真理を聞いても実践せず

神の出現を見ても 神を求めない

これほど堕落し腐敗した人類がどうして救われ

光の中で生きることが出来るのだろうか?


人間の性質は日々 邪悪になっている

喜んで神に全てを投げ出し

神に従い 神の出現を求める者は一人もいない

それどころか人はサタンの支配下で

快楽を追求し

汚泥の地で 肉の堕落に自らを委ねることを選ぶ

暗闇の中に生きる者は真理を聞いても実践せず

神の出現を見ても 神を求めない

これほど堕落し腐敗した人類がどうして救われ

光の中で生きることが出来るのだろうか?

光の中で生きることが出来るのだろうか?

『言葉は肉において現れる』の「性質が変わらないままなのは、神に敵対していることである」より

前へ: 人間の性質はこの上なくひどくなった

次へ: 人は神の真の顔を知らない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索