現実を生きることによってのみ、あなたは証しすることができる

真理を持っている人々は

経験の中で証しに固く立ち

神の側で自分の位置にしっかりと立ち

退かず死に至るまで従い

神を愛す人と正しい関係を持つ

実生活の実践と表現は

神への証しであり

人が生きるべきこと

真に神の愛を享受すること

あなたがこれに達する時

当然の成果が得られるだろう

あなたは生きることを備えており

全ての行いが尊敬される

身なりは質素だが敬虔な生活を送る

神の言葉を分かち合う時

あなたは神によって啓示を受けるだろう

あなたは言葉を通し神の意志を語る

現実を語り霊の奉仕を理解する

あなたは率直に語り

礼儀正しく高潔・静かで

自分の証しに固く立ち

神の計画に従うことができる

何が降りかかろうと落ち着いている

それは真に神の愛を見た人

実生活の実践と表現は

神への証しであり

人が生きるべきこと

真に神の愛を享受すること

あなたがこれに達する時

当然の成果が得られるだろう

『言葉は肉において現れる』の「神を愛する人は永遠に神の光の中に生きる」より編集

前へ: 真理をもっと実践し神にもっと祝福されなさい

次へ: 神のものとされた人々には真理の現実がある

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の本質は全能で実際的である

神が実際的にわざを行う間、ご自身の性質と全てを表す。神は人にできないわざができる。ここに神の全能がある。神はそのわざをご自身でする。ここに神が実際的であることが示される。心に留めよ。神の本質は全能で実際的、それぞれが強め合う。神のすることは、ご自身の性質と神が何であるかを表す。神…

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

このように神は全てを統べ治める

産声を上げ  この世に生まれた時から 人は自分の義務を行う  神の計画と采配の中  自分の役割を担い 人生の旅を始める  どんな経歴・旅路があろうと 誰も天にある指揮と采配を逃れられない 誰も運命をコントロールできない 全てを統べ治める方のみ  全て為すことができる  人間が…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索