135 私の心は神を恋慕う

1

神が私から離れる時 涙が溢れる

神は微笑み 手を振る

言いたいことがたくさんあるのに

今この時 言葉にならない

神との時間を思い起こす  歓声と笑いの場面を

神が私たちを救うためどれほど与えたか、忘れられない

(神の)真摯な戒めは希望をもたらす

心に刻まれた言葉が 私を前進させる

全能神を思う時

心にこんなに甘美さを感じる

いつになったら、いつになったら

神にまた会えるのか

全能神を思う時

心にこんなに甘美さを感じる

いつになったら、いつになったら

神にまた会えるのか

2

神が私から離れる時 神に留まってほしい

神は振り向き 手を振る

ここにいて欲しいと言えなくて

心にこんなに痛みを覚える

日々、神の教えが私を前進させ、

固く心に宿り神に従うよう私を導く

日々神の言葉を経験し、

神の愛に報いるため 本分を尽くそう

全能神を思う時

心にこんなに甘美さを感じる

いつになったら、いつになったら

神にまた会えるのか

全能神を思う時

心にこんなに甘美さを感じる

いつになったら、いつになったら

神にまた会えるのか

前へ: 134 永久に神と共に

次へ: 136 神と毎日共にいられたら

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索