神への慕情

 

神を見送り、私は胸が張り裂けそう。

過去の場面が目に浮かび、神の教えが耳に響いている。

悲しむな。心を痛めるな。

別れの時、私の心の中には打ち明けたい多くの言葉があった。

おお神よ、おお神よ、愛する神よ。

再会はいつの日か。あなたの教えをいま一度聴けるのはいつか。

神に想い焦がれ、私の心は後悔に苛まれる。

数々の過ちは償い難く、私の心には負い目が残っている。

神の言葉は裁きであり、私を慰める。

神は私に再三忠告を与え、忍耐強く教えた。

神の言葉は私に一歩一歩前途を示す。

おお神よ、おお神よ、愛する神よ。

私たちの心はあなたを恋い慕い、公けに現れるのを歓迎する。

私は神の恵みに恋い焦がれ、神を渇望する。

大きな苦難と危険の中を神とともに歩く。

苦難では神の愛をいっそう深く感じる。

恥と涙、苦しみと痛み。

苦難と精錬の真っ只中で御言葉が私とともにある。

私は自らの証しに堅く立ち、サタンに勝利する。

おお神よ、おお神よ、愛する神よ。

いつも私たちを見守りください、あなたの愛に抱かれて生きられるように。

過ぎし日のことを私は際限なく話せるが、

神の忠告を思い出し涙があふれ、言葉が出なくなる。

私は世界の果て、海の底まで行こう。

旅がどんなに困難であろうと、私は使命を果たす道から逸れはしない。

おお神よ、おお神よ、愛する神よ。

あなたは永遠に我らが神。私たちは永遠にあなたを愛し、あなたのもの。

前へ: 永久に神と共に

次へ: 神と毎日共にいられたら

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

神の救いの業の目的

神には6000年に渡る救いの計画があり それは3つの段階に分かれている 律法の時代 次に恵みの時代 そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれている それぞれの段階で神の業は違うが 全ては人類に必要であり 神と戦う サタンの企みに対処するもの 神の業の目的は神の知恵と全能を現し…

聖霊の働きは普通で実際的だ

聖霊の働きは普通で現実的だ 神の言葉を読んで祈るとき 心は揺るぎないものとなる 外の世界はあなたを妨げない あなたの心はとても明るくなる あなたは喜んで神を愛し 邪悪な世界を憎み良いことを好む これが神の内に生きることであり 一部の人が言うような 非常に楽しむという 非現実的な…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索