235 悔い改め新たにやり直す

なぜ目覚めなかったのだろうか

私はただ 地位と名声を求めることに全てを注いだ

働きと説教を重んじるだけで 神の言葉を実践も経験もしなかった

なぜ目覚めなかったのだろうか

私は見返りのためだけに労苦して働いた

贅沢な願いと要求を抱いていた私は とてもわがままで卑劣だった

神の言葉が何度も私に呼び掛けたのに 私は心を頑なにし 見て見ぬふりをした

心が私欲でいっぱいの私が どうして神の忠告に気付くことができようか

ああ 神よ 私の行いがあなたを深く傷つけた

あなたの愛に与りながら御前で生きることなど恥ずかしくてできない

全てが反抗的で醜くかった 過去のことを振り返ることなんてできない

傲慢で 尊大で 不埒で軽率だった私は サタンの性質に身を任せていた

過ちを犯したことに良心が苛まれ 私は告白しては泣きわめく

なくした時間をどうやって取り戻せばいいのだろうか

裁きだけが 自分が偽善者であることを見せてくれた

私は何度も不滅の愛を誓いながら 試練に耐えられなかった

何度も悔い改めては祈り 新しい人間に生まれ変わったと言いながら それは嘘だった

真理を実践しなければ いずれ暴かれることをはっきりと見せてくれたのは裁きだけ

試練を通して深く悔い改めた私は 自分の深い堕落と人間性のなさを忌み嫌うようになった

後悔の念にあふれ、私は神の前にひざまずく 新しい人になって神の心を慰めよう

ああ 神よ 私の行いがあなたを深く傷つけた

あなたの愛に与りながら御前で生きることなど恥ずかしくてできない

本分を良く尽くすために心を注ぐことだけを願う

あなたの手に身を委ね あなたの采配と支配に従うことを願う

目の前の道がどんなに険しくとも       

真理を実践することを志し、

最後まで あなたに付き随うと決意する

前へ: 234 新しい人となり神の心を慰めよ

次へ: 236 人間らしく生きる

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索