人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても

創造主による運命の支配を知らずに

認識もしなければ

ああ、運命だけ信じても

創造主による運命の支配に従わず

受け入れもしないなら

人生は悲劇となり

そして無駄になり

空虚になるだろう

彼らは神の支配に従えず

被造物という言葉が真に意味するものにもなれず

日々創造主の承認も得られない

神の支配を知る人は

積極的であるべきだ

神の支配を見る人は

消極的であってはならず

全てを運命と認め

その正しい定義

つまり人生は全て

神の支配下にあると知っている


人は歩んだ道を振り返り

旅の行程を回想する時

苦楽を問わず

全ての歩みを神が導いていたことを知る

神は入念な準備をして計画し

今日まで人は知らずに導かれてきた

創造主に救われ、その支配を受けるのは

何という幸運だろう、ア~

神の支配を知る人は

積極的であるべきだ

神の支配を見る人は

消極的であってはならず

全てを運命と認め

その正しい定義

つまり人生は全て

神の支配下にあると知っている


神の支配を理解するなら

人は神の全ての計画にさらに熱心に従い

全ての采配に従いたくなるだろう

そして神への反抗を止め

その指揮を受け入れる

決意と確信を得るだろう

神の支配を知る人は

積極的であるべきだ

神の支配を見る人は

消極的であってはならず

全てを運命と認め

その正しい定義

つまり人生は全て

神の支配下にあると知っている


『言葉は肉において現れる』の「唯一無二の神自身 3」より編集

前へ: 神は遥か昔に人の運命を定めた

次へ: 人類の苦痛はどのように生じるのか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

神の現れが持つ意義

神の現れとは業のため神降ること 神の方法で身分も性質も保ちながら 時代を始めまた幕引くため 神は降る 神の現れはしるしや絵画ではなく 奇跡でも大いなる幻でもない ましてや宗教的な儀式でもない それは実際に見て触れることのできる事実である 神の現れは 業の手順踏むためや早く終わ…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

神の勝利の象徴

人は最初の姿に戻される 人々は己の努めを全うできる 自分の居場所で神の全ての定めに従う その時神は 地で神を礼拝する、一群の人を得るだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう また神は、神を礼拝する国をこの地に建てるだろう 神は地上で永遠の勝利を得る 神に逆らう…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索