人類はもはや神が望むような存在ではない

人類は何年もかけ発展し

今日に至った

しかし神が創造した人類は

長い間堕落に沈んでいる

人は神の存在を信じない

神が来ることを歓迎しない

神の求めにいやいや同意し

人生の喜び 悲しみを

心から神と分かち合わなかった

人は神を不可解なものと見る

神に微笑むふりをし

へつらうような態度を示しているのは

神の働きや意志を知らないからだ

人類はもはや神が望むような存在ではない

彼らは「人」と呼ぶに値しない

むしろサタンの虜となった屑

サタンを宿した歩く屍だ

神は正直に言う

その日が来ると

神を礼拝する誰もが

あなた方が受ける苦難よりも

軽い苦難を受けるだろう

その信仰はヨブ パリサイ人に劣る

そのため炎の日が訪れると

あなた方の苦難は

パリサイ人やモーゼに反した指導者

滅びた時のソドムより深刻になる

人類はもはや神が望むような存在ではない

彼らは「人」と呼ぶに値しない

むしろサタンの虜となった屑

サタンを宿した歩く屍だ

『言葉は肉において現れる』の「本物の人とは何を意味するのか」より編集

前へ: 堕落した人類の悲哀

次へ: サタンによって堕落させられた人間の実状

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

全ての神の働きは 神自身によって為される 神の働きを起こすのも、完了させるのも神である その全ての働きを 計画するのは神であり  それを営むのもそれを 成就させるのも神である それについて 聖書にはこう 書かれている・・ 書かれている 「神は始めであり・・神は終わりでもある  …

二千年に及ぶ切望

神が肉体となる事は宗教界を揺り動かし 宗教的秩序を覆した それは神の出現を待ち望んでる 全ての人の魂を掻き立てた この出来事を見て驚かない者がいるであろうか? その目で神を見たいと願わない者がいるであろうか? 神は何年もの間人々と共に過ごしたが 人々はその事に少しも気付かなか…

終わりの日に神は言葉で人を裁き清める

終わりの日の神の業は 言葉を伝えること それがもたらす変化は かつての恵みの時代に 神が見せた奇跡的なしるしや 不思議な業よりも大きい その恵みの時代には 手を置くと悪魔は逃げたが 人の中には堕落した性質が残った 病気を癒され罪を赦されたのに 悪魔的性質を追い出す業は まだ成し遂…

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索