人間の本性が裏切りである理由

人間の存在は、霊が順番に肉体化することに基づいている。つまり、各人は、霊が肉体化した時に、肉にある人間の命を得る。人間の身体が生まれた後、その命は肉の限界、つまり霊が外殻から出る時まで続く。この過程が何度も繰り返され、それと共に人間の霊は往来を繰り返し、全人類の存在が維持されている。肉にある命は、人間の霊の命でもあり、人間の霊は人間の肉の存在を支援する。つまり、各人の命は、その者の霊に由来し、人間の肉に元来いのちがあるのではない。したがって、人間の本性は人間の肉ではなく霊に由来する。


人間がサタンによる誘惑、サタンが与える苦悩や腐敗をどのように受けたかを知るのは、各人の霊のみである。人間の肉は、それを知る事が出来ない。よって、人間は無意識のうちに益々汚れ、邪悪で暗黒になってゆく一方、わたしと人間の間の距離も益々広がり、人間の日々も益々暗黒になる。人間の霊は、全てサタンに掌握されている。ゆえに、人間の肉もまたサタンに囚われているのは言うまでも無い。こうした肉と人間が、どうして神に反抗せず、生来神の味方であり得るだろうか。サタンがわたしにより空へと投げ出されたのは、サタンがわたしを裏切ったからであるが、それならば、どうして人間がその影響から解放され得るであろうか。これが、人間の本性が裏切りである理由である。


『言葉は肉において現れる』の「極めて深刻な問題──裏切り(2)」より編集

前へ: 真理を追求する者だけが神により完全にされる

次へ: 神を裏切ることは人間の本性

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

神は真理を追求する者たちを好む

もしもあなたが 神の求めるものを追求し その道が正しければ たとえあなたが ほんの少しだけ 道をそれたり 弱くなって 転んでしまったとしても 神は気にしない むしろ神はそこにいて あなたを支えてくれる 神はどんな人を好むのだろうか? 神が好むのは真理を追求し決意が固く 無知であっ…

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索