この心の憧

人生の長い旅路

多くの風雨や変化をともなう

延々と続く荒涼とした年月

黒雲が暗い淵を作り出す

サタンによる支配は 残酷

暴君のごとく 思想を制約する

誘惑され 人は方向を失い

栄誉や利益を求め 全身傷におおわれ

深く傷つき 人間らしさもない

傷だらけで 身も心も疲れ果てている

闘う力も失せ 落胆し

行く場もなく 痛みの中 戸惑う

真に清らかな地を渇望し

ひらすら探し求め 地を流浪する

憂鬱な想いでいっぱいな私は切に祈る

主が私を悲しみから救われることを願って

凄まじい音で 七つの雷鳴がとどろく

終わりの日のキリストが地上に降りてくる

私は神の言葉を聞き 神の前に来る

神の言葉を味わい 真理を知る

神の言葉は私を養い 支え 潤す

神の真の愛を実感する

試練 苦痛 精練を通し

いのちは成長し続け 豊かになる

裁かれ 堕落から抜け出し

清めと救いを得る

もう涙も悲しみもない

神の前にひれ伏し 心を露わにする

神は愛により私を選ばれた

神の救いに感謝します

私は闇から抜け出し 神の前に生きる

神に心を捧げ 神の愛に報います

前へ: 神のもとへ返るのは真の幸福

次へ: 神の到来を迎えられて幸い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

神の新しい業を受け入れる者は祝福される

聖霊の今の言葉に従えば 誰もが祝福される 聖霊がどう働きかけたかや 過去がどうであろうと この日に御業を受け入れる者は 誰より祝福される この日に御業を受け入れずいれば ふるい落とされる 今 新しい光を受け入れよう 今 神の御業を受け入れよう 神は待っておられる 御業を受け…

人への神のあわれみ

語義的には、「惜しむ」という語は様々な解釈が可能である。第一に、愛して守ること、何かを貴く感じることの意味がある。第二に、深く愛慕することの意味がある。そして第三に、傷つけることができない、傷つけることに耐えられないという意味がある。つまり、この語は、愛慕の念と、人や物への…

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索