神の国での新しい生活のために賛美しよう

私たちは神様の御声を聞き

神の家に帰ってきた

私たちは集まって御言葉を食べ飲みし

祝宴に参加する

私たちは、悲しみや混乱に別れを告げ新しい人生を送る

日々御言葉が共にあり

それをいっぱいに浴びる

真理についての交わりで心を開き

私たちの心はとても明るくなる

私たちは御言葉を黙想して

聖霊が私たちを啓く

私たちの障壁や偏見は取り除かれ私たちは神様の愛の中に住む

私たちは真理を理解し自由にされ心は蜜のように甘い

私たちは愛し合い、互いに距離はない

私たちは神様の心を理解しもはや消極的ではない

御言葉の中に生き

私たちは神の麗しさを見る

私たちは人生で光の道を歩んだがこれはすべて神様の導き

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

御言葉はとても貴く、そのすべてが真理

御言葉の裁きを受け入れて

私たちの堕落が完全に暴かれた

傲慢な性質により

私たちは実に理性に欠けている

御言葉が私たちを刈り込み取り扱い自己を知るようになった

私たち顧み、自己を理解し、真に悔い改める

裁きと刑罰を通して

私たちの堕落は清められる

私たちは堕落した性質を捨て去り

新しい人間になる

私たちは合格できるように本分を尽くし神様の愛に報いる

私たちはそれぞれなすべきことをして神様に忠誠を尽くす

証しに固く立ち、神様の御心を達成する

私たちはそれぞれ自分の光と熱を放ち

神様のために証しを広める

神様への純粋で誠実な愛は幸福で甘い

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

私たちは、心と手をつなぎ神様を証しする

私たちは、御国の福音を広め

苦難や疲労を決して恐れない

患難や試練を通して

私たちは祈り、神様に頼る

その道は辛く険しいが

神様は道を開いてくださる

御言葉の真理を知ると

私たちの心は力を得る

御言葉は私たちを勇気づけ

私たちは前へと突き進む

私たちは肩を並べて手と手をとりあって

神様のために証し体と心を神様にささげる

苦しみがどんなに大きくても

私たちは心から喜ぶ

御言葉の導きで、私たちはサタンに勝利する

真に神様を愛し、それを決して悔やまない

私たちは赤い大きな竜を完全に見捨てた

私たちは勝利の兵士だ

私たちは、神様を愛する道において証しし

決して引き下がらない

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

前へ: 神の愛は私の心を包む

次へ: 歌とダンスで神を讃美せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

終わりの日に神は言葉を通して全てを成し遂げる

このようにして、終わりの日に、神が肉になるとき、神はすべてを成し遂げるために、すべてを明らかにするために、主として言葉を用いる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神とは何かを知ることができる。神の言葉の中においてのみ、あなたは、神が神自身であることを知ることができる。肉と…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを…

全ての奥義が明らかにされた

義なる全能神、全能者よ! あなたの中では何も隠されていない それぞれの奥義は、永遠に、まだ明示されてないが あなたには明白明瞭である 追い求め、探らなくていい あなたの真の姿が表され あなたは明らかにされた奥義、生ける神自身 私たちと顔を合わせ あなたの真の姿を見ることは…

神は人を救うために大いに苦しむ

神は、遠い昔に人間の世界へ来て人間と同じ苦難を受けた。神は長年にわたり人間と共に生活したが、彼の存在を見出した者はいなかった。神は人間の世界の惨事に黙して耐えつつ、自身が負う業を行っている。父なる神の心と、人間の必要性のため、神は人間が嘗て経験したことの無い苦痛を受け、それ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索