神の国での新しい生活のために賛美しよう

私たちは神様の御声を聞き

神の家に帰ってきた

私たちは集まって御言葉を食べ飲みし

祝宴に参加する

私たちは、悲しみや混乱に別れを告げ新しい人生を送る

日々御言葉が共にあり

それをいっぱいに浴びる

真理についての交わりで心を開き

私たちの心はとても明るくなる

私たちは御言葉を黙想して

聖霊が私たちを啓く

私たちの障壁や偏見は取り除かれ私たちは神様の愛の中に住む

私たちは真理を理解し自由にされ心は蜜のように甘い

私たちは愛し合い、互いに距離はない

私たちは神様の心を理解しもはや消極的ではない

御言葉の中に生き

私たちは神の麗しさを見る

私たちは人生で光の道を歩んだがこれはすべて神様の導き

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

御言葉はとても貴く、そのすべてが真理

御言葉の裁きを受け入れて

私たちの堕落が完全に暴かれた

傲慢な性質により

私たちは実に理性に欠けている

御言葉が私たちを刈り込み取り扱い自己を知るようになった

私たち顧み、自己を理解し、真に悔い改める

裁きと刑罰を通して

私たちの堕落は清められる

私たちは堕落した性質を捨て去り

新しい人間になる

私たちは合格できるように本分を尽くし神様の愛に報いる

私たちはそれぞれなすべきことをして神様に忠誠を尽くす

証しに固く立ち、神様の御心を達成する

私たちはそれぞれ自分の光と熱を放ち

神様のために証しを広める

神様への純粋で誠実な愛は幸福で甘い

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

私たちは、心と手をつなぎ神様を証しする

私たちは、御国の福音を広め

苦難や疲労を決して恐れない

患難や試練を通して

私たちは祈り、神様に頼る

その道は辛く険しいが

神様は道を開いてくださる

御言葉の真理を知ると

私たちの心は力を得る

御言葉は私たちを勇気づけ

私たちは前へと突き進む

私たちは肩を並べて手と手をとりあって

神様のために証し体と心を神様にささげる

苦しみがどんなに大きくても

私たちは心から喜ぶ

御言葉の導きで、私たちはサタンに勝利する

真に神様を愛し、それを決して悔やまない

私たちは赤い大きな竜を完全に見捨てた

私たちは勝利の兵士だ

私たちは、神様を愛する道において証しし

決して引き下がらない

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

私たちは神様への賛美を大声で歌い

踊りまた踊る

私たちは神の国での新しい生活を賛美し

心は真に幸せ

私たちを救ったのは神様で

私たちは神様の民になった

神様の御座の前に引き上げられることは

比類なき楽しさ

前へ: 神の御業は測り知れない

次へ: 歌とダンスで神を讃美せよ

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、命…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索