誰も受肉の神を知らない

人間はけっして光の中でわたしを認識しておらず、闇の世界でだけ、わたしを見ている。あなたがたは、今も同じ状況にあるのではないか。赤い大きな竜が最大の猛威を振るっているときに、わたしは働きを始めるために正式に受肉した。赤い大きな竜がその真の姿をはじめて現したとき、わたしは、わたしの名を証しした。わたしが人間の道を歩き回ったとき、ただ一つの生き物、ただ一人の人間も、驚いて覚醒することはなかった。だから、わたしが人間世界で受肉していたとき、誰もそれを知らなかった。しかし、わたしの受肉した体で働きを始めると、人間が目覚める。わたしの雷鳴のような声に驚いて夢から醒め、その瞬間から、わたしの導きのもとでの生活を始める。

人間は単に肉におけるわたしを知らないだけではなく、さらに悪いことに、肉の体をもつ自分というものを理解することができずにいる。何年が過ぎたろう。また、その間ずっと、人間はわたしを欺き、わたしをよそから来た客人として扱ってきた。何度、人々はわたしを彼らの家の戸口で締め出したろう。何度、わたしの前に立って、わたしを無視しただろう。何度、他の人々の間でわたしを拒んだだろう。何度、悪魔の前でわたしを否定しただろう。そして、何度、口論する口でわたしを攻撃したろう。しかし、わたしは人間の弱点を記録していないし、また、わたしに逆らったからといって、「歯には歯で」という対応はしない。わたしがしたのは、人間がついにわたしを知るように、不治の病を癒やすために人間の病に薬を用い、そうして健康にすることだ。

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十二章」より編集

前へ: 神は真面目にキリストに仕える者だけを称賛する

次へ: 神に逆らう悪者とは誰

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

神自身の本性と位置

神は万物を支配し  万物を統べ治める 神は全てを創造し 統治し  すべてを支配し 満ち足らせる これが神の位置 そして存在 全ての被造物にとって 神は万物を創り 全ての主である 神の存在の真実 神の本性はたぐいないものである 人であろうと霊であろうと 神のふりをして そ…

聖霊の働きの原則

聖霊は単独で働くわけではなく また人も独りでは働けない 人と神の霊は共に手を取り合い 一緒に働きを成し遂げる 人の努力と聖霊の働きは 神の言葉の理解をもたらす 人と聖霊が日々共に歩むことで 徐々に完璧な人間が創られる 聖霊から啓示を受け 明察を得るために 必要なことがある 聖霊…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索