423 真の祈りなしには真の奉仕はない

1

祈りは儀式でなく、多くの意味を持つ

祈ることで神に直接仕えていることが分かる

もし祈りを儀式と見なすなら

あなたは十分には神に仕えないだろう

あなたは祈りなしには働けない

祈りは奉仕と働きをもたらす

たとえあなたが神に仕える人でも

本気にならず、祈りに専念しないなら

その奉仕は失敗するだろう

2

祈りが真実で真剣でなければ

神はあなたを見過ごし、無視され

聖霊はあなたの中で働かないだろう

あなたは祈りなしには働けない

祈りは奉仕と働きをもたらす

たとえあなたが神に仕える人でも

本気にならず、祈りに専念しないなら

その奉仕は失敗するだろう

3

よく神の元にきて祈るなら

それは神のことに真剣だという証しだ

もし自分だけで働き、祈らず

神に隠れてあれこれするなら

自分のことだけをしているのだ

神に仕えず、自分勝手な働きを為している

あなたは罪とされるのではないか?

4

神への冒涜や妨害には見えなくても

自分勝手なことをするのは邪魔することだ

性質的にあなたは神に抵抗する

あなたは祈りなしには働けない

祈りは奉仕と働きをもたらす

たとえあなたが神に仕える人でも

本気にならず、祈りに専念しないなら

その奉仕は失敗するだろう

『キリストの言葉の記録』の「祈りの意義と実践」より編集

前へ: 422 従順と理知に満ちた祈りが大いに重要

次へ: 424 神を仰ぎ見て神にすがるのが最も偉大な知恵

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索