神の言葉の根源を知る者はいない

世界の中で

神の恵みなしに生きている者などいるだろうか


もし神によって物質的な祝福が与えられなかったら

一体誰がこの世界で満ち足りて暮し

富を楽しむだろう

神の祝福とは

神の民としてふさわしい地位につくことのできる機会を

神があなた方に与えることだけなのだろうか

もしあなた方が神の民ではなく

ただの効力者だったら

神の祝福の中に生きていないことになるのか

あなた方のうち

誰も神の言葉の根源を理解していない


人は神から与えられた名を

大事にするにはほど遠い

多くの者は「効力者」と呼ばれると

心の中で怒りを覚える

そして「神の民」と呼ばれると

神を愛し始める者は多い

だから神を欺こうとするな

神の目は全てを見透かすのだ

あなた方の誰が進んで受け入れ

従順を尽くすのか

理解せよ

もし神の国の礼砲が響かないなら

それでもあなた方は

本当に最後まで従えるのか

人に何が行えるか

何を考え、どこまで行けるか

すべてを神は予め定めた

もしあなた方が神の民ではなく

ただの効力者だったら

神の祝福の中に生きていないことになるのか

あなた方のうち誰も

神の言葉の根源を理解していない

『言葉は肉において現れる』第二部「全宇宙への神の言葉」の「第十章」より

前へ: 肉に背いて神の愛らしさを見る

次へ: あなたがたは自分の地位を知らない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

完全な者とされるには

神により完全な者とされるには 街に出かけ 神のために費やすだけでは十分ではなく 完全な者とされるには 多くのものを持っていなければならない 苦しみに直面した時には 肉のことを考えず 神に不平を言わないようにしなければならない 神が自身を隠す時は 従う信仰と愛を持ち続け それを衰…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

神は決意のある者を好む

我らは一つの決意をするべきだ 我らは一つの決意をするべきだ たとえ状況や問題が厳しく 消極的になったり弱くなったりしても 我らは古い性質の変化において 信仰を失ってはならない 神の語ってきた言葉の中で 確信を失ってはならない 神は人に約束を与えた 人がそれを受けるためには決意…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索