神の業は誰にも推し測れない

神と人は同等には見なされない

神の本質と業は人の推測を越えた

不可解なもの

神が自ら全ての業を行い

人の間で語らないなら 神の旨が

理解されることはない

たとえ生涯を

神に捧げても

神の承認を得ることは

できない

人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

神の業がなければ どんな良い行いも無意味だ

神の思いは人の思いより常に高い

神の知恵を推測できる者はいない

だから、神と神の働きを見抜いたと思う人々は皆無力で

皆傲慢で無知だと神は言う。

サタンは全ての肉なる者を堕落させ

人の本性は神に逆らう

彼らは神と同等でなく 神の働きの

助言はできない

人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

神が人をどう導くかは、神自身の働き

人はただ服従すべきであり、あれこれ意見してはならない

人はちりにすぎないから

我らは神を求めようとしているのだから 

決して神の働きに自分の観念を

重ね合わせてはならない

自分の堕落した本性を使って

神の働きに逆らおうとしてはならない

それは反キリストになることではないか

そんな主張が神への信仰だろうか

人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

我らは神はいると信じ

神を満足させて神を見ようとするのだから

真理の道を追い求め

神と一致する道を求めるべきだ

かたくなに神に敵対するべきではない

そんなことから何の良いものが生まれようか

人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: トマスの逸話は後世への警告

次へ: 想像で神の出現を規定してはならない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

人間への神の憐れみは止んだことはない

「創造主の憐れみ」は虚しい言葉や約束ではない 原則と目的があり 真実で現実的で虚偽ではない その憐れみは人に授けられ とこしえに続く だが創造主がヨナと交わした言葉に残っている なぜ彼が憐れみ深いか どのようにそれを示すか どれだけ人に寛容か そして彼らへの本当の感情が 幾度怒り…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

神は人をかけがえのない存在として見守る

神は人々を創った全ての人を創った 人が神に従っても 逆に人が堕落したとしても 神は人々を見守る 全ての人を見守る かけがえのない存在として かけがえのない我が子のように 人々は神にとって おもちゃではない 神は創造主であり 人は神の被造物である そう言うと神と人との階級が異なるよ…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索