神の業は誰にも推し測れない


神と人は同等には見なされない

神の本質と業は人の推測を越えた

不可解なもの

神が自ら全ての業を行い

人の間で語らないなら 神の旨が

理解されることはない


たとえ生涯を

神に捧げても

神の承認を得ることは

できない


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


神の業がなければ どんな良い行いも無意味だ

神の思いは人の思いより常に高い

神の知恵を推測できる者はいない

だから、神と神の働きを見抜いたと思う人々は皆無力で

皆傲慢で無知だと神は言う。


サタンは全ての肉なる者を堕落させ

人の本性は神に逆らう

彼らは神と同等でなく 神の働きの

助言はできない


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


神が人をどう導くかは、神自身の働き

人はただ服従すべきであり、あれこれ意見してはならない

人はちりにすぎないから

我らは神を求めようとしているのだから 

決して神の働きに自分の観念を

重ね合わせてはならない


自分の堕落した本性を使って

神の働きに逆らおうとしてはならない

それは反キリストになることではないか

そんな主張が神への信仰だろうか


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?


我らは神はいると信じ

神を満足させて神を見ようとするのだから

真理の道を追い求め

神と一致する道を求めるべきだ

かたくなに神に敵対するべきではない

そんなことから何の良いものが生まれようか


人は神の働きを限定すべきでない

神の働きは人には限定できない

神の目には

人は蟻ほどもない

そんなに小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

小さな人間にどうして神の働きが推し測れよう?

『言葉は肉において現れる』の「序文」より編集

前へ: 神の国の時代に言葉はすべてを成し遂げる

次へ: 言葉が肉において現れることの実際の意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

あなたは永遠のいのちの源を知っているか

神は人の命の源であり 天と地は神の力によって生きている 命ある全てのものたちは 神の支配と権威から逃れられない あなたが何者であったとしても 人々は神に従わなくてはならない そしてまた人は 神の支配と神の命令に服従しなければならない あなたは熱意を持って 命と真理を探しているか…

神の言葉を実践し神を満足させることが第一

あなたに今求められているのは 誰もがなすべき人の本分であり 追加の要求ではない 本分をうまく果たせないなら あなたは自ら問題をもたらし 死を招いていないか どうして前途を望めるのか 神の働きにおいて力を尽くし忠誠であれ 観念にふけりじっと死を待っていてはならない 神はその働き…

人の一生は完全に神の支配下にある

人は運命だけ信じても 創造主による運命の支配を知らずに 認識もしなければ ああ、運命だけ信じても 創造主による運命の支配に従わず 受け入れもしないなら 人生は悲劇となり そして無駄になり 空虚になるだろう 彼らは神の支配に従えず 被造物という言葉が真に意味するものにもなれず 日々…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索