神を信じてもいのちを得ていないなら懲罰を受ける

おそらくあなたは、あなたの時に応じて充分に苦しんだだろう。しかし今なお、あなたは何も解かっていない。あなたはいのちにおけるすべてのことについて無知である。あなたは罰せられ裁かれたにもかかわらず、まったく変わらず、あなたの奥底ではまだいのちを獲得していない。あなたの働きを試す時が来ると、あなたは焼き尽くす炎のように激しい試練と、さらに大きな患難を体験するであろう。この炎はあなたの全存在を灰に変えるであろう。いのちを持たない者として、内に一かけらの純粋な金も持たない者として、いまだに古い堕落した性質から抜け出せない者として、また、脇役としてでさえ良い仕事ができない者として、どうしてあなたが取り除かれないことがあろうか。


一文の価値もなく、いのちを持たない者のために、征服の業がなんの役に立つのだろうか。その時が来ると、あなたたちの日はノアやソドムの日よりももっと困難になるであろう。その時あなたの祈りは何の役にもたたない。一度救いの業が終わってしまえば、あなたはどうやってまた最初から悔い改めることができるというのか。一度すべての救いの業が完了すれば、さらなる救いの業はない。次に来るのは、悪を罰する業の開始である。あなたは抵抗し、逆らい、自分で悪だと分かっていることをしている。あなたは、厳しい罰の対象ではないのか。


わたしは、あなたのためにこのことを今日、一字一句説明しているのだ。あなたがわたしの言うことを聞こうとしないなら、後に患難があなたの上に臨む時にやっと後悔し始め、信じ始めたところで、それはもう遅過ぎるであろう。わたしは今日、あなたの過去の背きの罪を憶えてはいない。わたしは、あなたを幾度も幾度も赦す。あなたの消極的な面から目をそらし、あなたの積極的な面だけに目を留めて。何故なら、わたしの現在の言葉と業のすべては、あなたを救うためであり、わたしはあなたに対して何の悪意も持っていないからだ。それでもあなたはいのちに入ることを拒む。あなたは善悪を区別することができず、親切の価値に感謝することも知らない。このような人には、ただあの懲罰と義なる報復を待つことしかないのではないか。


『言葉は肉において現れる』の「征服の働きの内幕(1)」より編集

前へ: 神の栄光の表明になろうとしなさい

次へ: 神が人に報復するときの神の態度を理解しているか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神の足跡を探すなら

神の足跡を探すなら 探さねばならない 神の御心、神の御言葉、神の御声 神の新しい御言葉の中 神の御声がある 神の足跡があるところには 神の御業がある 神の印があるところ そこには神が現れる 神の現れるところには 真理、道、命がある 神の足跡を探す時 神の真理、生きる道、…

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

人間の意図はみな何のためなのか?

信者でない子供や親戚を 教会の中へと引き込む者たちはみな 自己中心で親切心を示している 人々が信じているかどうか この行いが神の意志に沿うかどうかに関わらず 彼らはただ愛だけを強調する 神の前に妻や両親を連れてくる人もいるが 聖霊が同意するかどうか 働きを行うかどうかに関わらず…

神が人に授ける最高の祝福

神のことばの完成により神の国が形成する 人が正常に戻るとともに 神の国がここにある 神の国の民は正常な生活を取り戻し 今日は神の前に生き 明日は神の国で生きる 全地は喜びと温かい心で満ちる 神の国がこの地上にある 神の国がこの地上にある 凍える冬は常春の世界となり 人は悲惨な…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索