おお神よ、あなたを恋しく思います

私は黙し、無言であなたを恋しく思います。

あなたの言葉を読み、大いなる悔恨を感じています。

目に涙を溜め、早くまたあなたとともにありたいと望みます。

私の頑なな心はあなたをたびたび傷つけ、

正すことのできない過ちは数多い。

あなたの御顔を見られないと私の心は痛み、

春夏秋冬あなたを待っています。

自責の念に満たされて昼夜を過ごします。

罪の涙が私の顔を流れ落ち、私は悔恨に満ちています。

過去の過ちを取り消したくてたまらず、

あなたに私の心の内を明かしたいと切望しています。


幸せな日々を思い郷愁の念でいっぱいです。

たびたびあなたの御顔と微笑を思います。

あなたの笑い声が耳の中で響いています。

生きている限りあのお声を忘れません。

この長い歳月は私に苦悩をもたらし、

孤独に彷徨うのは耐え難いほどです。

時間を巻き戻せればと夢見て、

本当にあなたとともにあることを切望しています。

どこにおられるのです、愛する方よ。

私の心はあなたの御顔を見たくて、

あなたに抱擁されたくてしかたがありません。

私の心はいつもあなたの御心と調和し、

美しい愛の歌を生み出すでしょう。

前へ: 愛の献身

次へ: 苦い過去と美しい今を思えば私はいっそう神を愛す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の権威を知るための道

神の権威と力 神に固有の身分と本質についての認識は あなたの想像力によって得られるものではない 「想像するな」ということは 「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく 「論理を用いて推測せず 知識や科学を通して研究するな」 という意味である 神の言葉を食べ 飲み…

神は人類が生き続けるのを願っている

神は人を蔑んだ 人が神に敵対したから でも神の心の中の 人への思いやり、心配、憐れみは変わらない 人間を滅ぼした時さえ 極みまで人が汚れ 不従順になっても神は その性質と本質のゆえに 原則に従い 人間を滅ぼさざるを得なかった 神はそれでもなお人類を憐れんだ 神の本質のゆえに 人…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは あ…

あなた方は何を神に報いたのか

幾つかの秋と春を経て 神はあなた方の間にいる 神は長らくあなた方と暮らしてきた 幾つの悪行が神の前を行き過ぎたのか あなた方の心の言葉は神の耳にこだまする あなた方は百万の決意を祭壇に置くのに わずかな献身も誠意も供えない あなた方の信仰の実はどこにあるのか? 神の尽きぬ恵…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索