46 全能神だけが人を救うことができる

偉大で奇しい全能神の業よ

七つのラッパと雷鳴が響き

七つの鉢が注がれる

それは公に示され疑う余地はない

1

己を完全に捧げる者は

神に大いに祝福され

助かろうとする者は命を失う

全ては全能神の手の中

これ以上踏みとどまってはいけない

天地には大きな異変が起こる

人は隠れる場所もなく

悲痛に泣くよりほかはない

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

2

聖霊の今の働きに従い

神の業がどの段階にあるかを

誰の説明にもよらず

己の中で明確にせよ

頻繁に全能神の前に出て

全てを神にたずねれば

必ずあなたを内から啓き

重大な時には守るだろう

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

3

恐れるな あなたの全ては神のもの

神はあなたを守り配慮する何を恐れよう?

神意は間もなく成就する

霊の目を開け、天は変わる

なぜ恐れる?神が静かに手を動かすと

天地は一瞬で滅ぼされる

思い煩いが何になるのか

全ては常に神の手の中

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

天地は神の命令で変わり

我らも完全にされる

思い煩わず、静かに進め

だが注意を払い 用心せよ

神意が為され業が終わり

計画は成功したから

子らは御前で

全能神と共に全ての国と民を裁く

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

教会を迫害し 神の子らを傷つける者は

必ず重罰を受ける

神に心捧げる者は全てを守り

とわに変わることなく愛される

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第四十二章」より編集

前へ: 45 神は天におり、地にもいる

次へ: 47 全能神だけが永遠の復活したいのち

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではないあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せ…

774 ペテロの神への愛の表現

1生活で神の要望を満たせないものがあればそれはペテロを不安にしたもしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ努力し神の心を満たそうとした生活のどんなに小さなことでもペテロは神の要望を満たそうと自らに求め自分の古い性質を容赦することなく更に深く真理に入ることを求めた更に深く真理に入るこ…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索