全能神だけが人を救うことができる

偉大で奇しい全能神の業よ

七つのラッパと雷鳴が響き

七つの鉢が注がれる

それは公に示され疑う余地はない

己を完全に捧げる者は

神に大いに祝福され

助かろうとする者は命を失う

全ては全能神の手の中

これ以上踏みとどまってはいけない

天地には大きな異変が起こる

人は隠れる場所もなく

悲痛に泣くよりほかはない

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

聖霊の今の働きに従い

神の業がどの段階にあるかを

誰の説明にもよらず

己の中で明確にせよ

頻繁に全能神の前に出て

全てを神にたずねれば

必ずあなたを内から啓き

重大な時には守るだろう

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

恐れるな あなたの全ては神のもの

神はあなたを守り配慮する何を恐れよう?

神意は間もなく成就する

霊の目を開け、天は変わる

なぜ恐れる?神が静かに手を動かすと

天地は一瞬で滅ぼされる

思い煩いが何になるのか

全ては常に神の手の中

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

天地は神の命令で変わり

我らも完全にされる

思い煩わず、静かに進め

だが注意を払い 用心せよ

神意が為され業が終わり

計画は成功したから

子らは御前で

全能神と共に全ての国と民を裁く

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

教会を迫害し 神の子らを傷つける者は

必ず重罰を受ける

神に心捧げる者は全てを守り

とわに変わることなく愛される

『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第四十二章」より編集

前へ: 神は天におり、地にもいる

次へ: 全能神だけが永遠の復活したいのち

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神は全ての愛を人類に与えた

神は愛により 人を救う 救いの計画 成し遂げる たとえ義を 表すにせよ たとえ威厳を 表すにせよ そして怒りを 表すにせよ どれほど大きな 愛なのか?たとえ人が 尋ねても 大きさは 答えではない なぜなら 神のその愛は100パーセント なのだから 神は与えた 人類のため 全ての愛…

神の溢れるいつくしみと計り知れない怒り

神のいつくしみと寛容の存在は 本当であり真実 だが神が怒りを注ぐ時 神の聖さと義はどんな罪も容赦しないという 神の別の面が表される 人が神の命令に完全に従い 神の要求に沿って行動すれば 神は溢れるいつくしみを豊かに与える 堕落・憎しみ・神への敵意で満ちるなら 神は計り知れな…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

ペテロの神への愛の表現

生活で神の要望を満たせないものがあれば それはペテロを不安にした もしそれが神を満足させなければ彼は悔やみ 努力し神の心を満たそうとした 生活のどんなに小さなことでも ペテロは神の要望を満たそうと自らに求め 自分の古い性質を容赦することなく 更に深く真理に入ることを求めた 更に深…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索