全能神だけが人を救うことができる

偉大で奇しい全能神の業よ

七つのラッパと雷鳴が響き

七つの鉢が注がれる

それは公に示され疑う余地はない


己を完全に捧げる者は

神に大いに祝福され

助かろうとする者は命を失う

全ては全能神の手の中

これ以上踏みとどまってはいけない

天地には大きな異変が起こる

人は隠れる場所もなく

悲痛に泣くよりほかはない

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない


聖霊の今の働きに従い

神の業がどの段階にあるかを

誰の説明にもよらず

己の中で明確にせよ

頻繁に全能神の前に出て

全てを神にたずねれば

必ずあなたを内から啓き

重大な時には守るだろう

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない


恐れるな あなたの全ては神のもの

神はあなたを守り配慮する何を恐れよう?

神意は間もなく成就する

霊の目を開け、天は変わる

なぜ恐れる?神が静かに手を動かすと

天地は一瞬で滅ぼされる

思い煩いが何になるのか

全ては常に神の手の中

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない


天地は神の命令で変わり

我らも完全にされる

思い煩わず、静かに進め

だが注意を払い 用心せよ

神意が為され業が終わり

計画は成功したから

子らは御前で

全能神と共に全ての国と民を裁く

神は日々我らを愛し

全能神だけが我らを救える

我らの不幸も祝福も全能神次第

人間は口をはさめない

教会を迫害し 神の子らを傷つける者は

必ず重罰を受ける

神に心捧げる者は全てを守り

とわに変わることなく愛される


『言葉は肉において現れる』第一部「キリストの初めの言葉」の「第四十二章」より編集

前へ: 受肉した神は人類にとってとても重要である

次へ: キリストは聖霊が何であるかを表す

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神は傷つきながら人を愛する

肉にある神は裁かれ 罪に定められ 嘲笑され 悪魔と宗教界に追い払われた 誰も神の痛みを埋め合わすことはできない 人類の抵抗や中傷 追跡とでっち上げは 神の肉が危機に直面する原因となる 誰がその苦痛を理解し和らげることができるのか? 神は忍耐強く 堕落から人を救い …

受肉の神だけが人を完全に救うことができる

神は人間を救うために来るが それは霊を通してではなく また霊としてでもない 霊は目に見えず、触ることもできない もし神が創造物なる人ではなく 霊として人を救ったら 誰も神の救いを得られない そう誰も救われない 神は創造された人となり その肉に神のことばを宿す 神のことばが神に従…

人を救う神の働きの意義

神の救いは神を礼拝し従う人を得るため サタンにより堕落したが 父と呼ばない もう二度と 人はサタンの忌わしさを知っているから サタンを拒め サタンを拒め 人は受け入れる 神の前で罰と裁きを 人は知っている どちらが忌わしくまた聖いのかを 神の偉大さとサタンの邪悪さを こ…

サタンによって堕落させられた人間の実状

長年に渡り 人が生きるための思想は 人の心を堕落させてきた 人をずるく、卑怯で、卑しい存在にした 人は意志も決意もなく 貪欲で、傲慢で、わがままだ あまりに弱くて 自らを超え 暗闇の勢力の束縛を打ち砕く勇気がない 人の思いと生活は腐敗している 神への信仰についての人の見解は …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索