最も人を愛するのは神だけである

終わりの日に神は肉となる

愛する人を救うため

愛に駆られ、愛を基礎として

神は今日の業を行う

神は肉となり、恥辱を受け

汚れ傷ついた者達を救う

この痛みに耐え

神は、何度も計り知れない愛を示す

どの魂も神は失くしたくない

自分の将来を気にせず

いのちをどう慈しむのか知らない

人を、神だけが愛すOh..oh...


癒し、励まし、裁きと呪い

暴露、そして約束

どの神のことばもみな、神の愛による

神の業の真髄だ

こんなにも大勢が、近づいて従い

力を得ているのはなぜ?

それは、神の愛と救いを見たから

神は遅れず、タイミングは完璧だ

どの魂も神は失くしたくない

自分の将来を気にせず

いのちをどう慈しむのか知らない

人を、そう神が、神だけが愛す


自分を一番愛するとは

どんな愛なのか?

神の愛こそ真実だと、あなたは知るだろう

受肉せず、導かず、人と生きぬ神なら

その愛を知ることは出来ない

どの魂も神は失くしたくない

自分の将来を気にせず

いのちをどう慈しむのか知らない

人を、そう神が、神だけが愛す

そう、神だけが愛す。ああ神は

こんなにも人を愛している


『キリストの言葉の記録』の「神の人類への愛を理解していますか」より編集

前へ: 神の本質は全能で実際的である

次へ: 人に対する神の愛は真実にして現実である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

神の国の王の顔は比類なき栄光に輝く

神はこの地で新しく始め この地で栄光を受ける 最後の美しい光景で 神は心の情熱を伝える 神の鼓動にしたがって 水は踊り、山は動き 波は岩礁に打ち付ける 神が心を語るのは難しい 計画通りに神は行った それは神により定められ 神が人々に見せ経験して欲しいと思っていることだ 神の…

キリストは聖霊が何であるかを表す

受肉した神は人間の本質を知り 全ての人の行い とりわけ人の堕落した性質と 反抗的な行為を露わにする 神は俗人と生活しないが その本性と堕落を知っている これこそ神の存在そのもの 神はこの世を取り扱わないが 処世の規則を知っている なぜなら神は人類とその本性を 完全に理解している…

災いが襲うとき

神のすべての憐みは 神を愛し 自己を放棄する者たちに施され 悪人への懲罰は神の怒りと義の証しだ 災いが襲うとき 神に反抗する者は飢えや病に直面して涙する 神に従うが 悪を行ってきた者も この運命に直面し 恐れの中で生きる 神に従う者だけが喜び 神の力を称賛する 彼らは大き…

肉となった神が現れた時に示す権威と力

「神の言葉が肉となる」という意味は 「神の言葉が肉体から発される」ということ この事実を成し遂げるために 神は地上に降りたのだ 旧約聖書のモーセの時代に 神が天から語るのとは違う それは千年の神の国の時代で実現し 全ての人々がその目で  そのとおりの成就を見られる これは神…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索