勝利者とは神のために圧倒的な証しをする者たちである

神を信じることには従順さと

神の業を体験することが要求される。

神は非常に多くのことを成し遂げた。

神の業は全て完全、精練、刑罰であり、

どれも人の観念に則したものではない。

そして人びとが享受するのは、神の厳しい言葉だ。

神が来るとき、人は神の怒りと威厳を享受すべきだ。

神の言葉は厳しいが、神は人を救い、完全にする。

造られたものとして、人は本分を尽くし、

精練の中で神の証しに立つべきだ。

あらゆる試練において、人は自分の証しを守り、

神のために圧倒的な証しをすべきだ。

精錬される方法がどうであれ、神への確信を保ち、

決して確信を失わず、自分のすべきことをやりなさい。

これが、神が人間に要求すること。

あなたの心を完全に神に向け、

常に神の味方でいなさい。

これこそが勝利者である。

勝利者とはたとえサタンの影響下でも、

サタンに包囲されても、

つまりサタンの闇の勢力の中にいても、証しに立ち、

神への確信と完全な献身を保つものである。

何があろうと、あなたが純粋な心と、

神への真の愛を保つならば、

あなたは神の前で証しに立っているのだ。

その時、あなたは神自身が勝利者と呼ぶ者である。

あらゆる試練において、人は自分の証しを守り、

神のために圧倒的な証しをすべきだ。

精錬される方法がどうであれ、神への確信を保ち、

決して確信を失わず、自分のすべきことをやりなさい。

これが、神が人間に要求すること。

あなたの心を完全に神に向け、

常に神の味方でいなさい。

これこそが勝利者である。

あなたの姿勢は、神があなたを完全にするのにとても重要だ。

神の業を疑わず、本分を尽くし、

神があなたに実践させようとすることを守りなさい。

神が何をしようと、

神の勧告を忘れず、

あなたの姿勢を保ちなさい。

あなたの証しを守り、その道のあらゆる段階で勝利するならば、

神はあなたを完全にし、勝利者にするだろう。

あらゆる試練において、人は自分の証しを守り、

神のために圧倒的な証しをすべきだ。

精錬される方法がどうであれ、神への確信を保ち、

決して確信を失わず、自分のすべきことをやりなさい。

これが、神が人間に要求すること。

あなたの心を完全に神に向け、

常に神の味方でいなさい。

これこそが勝利者である。

『言葉は肉において現れる』の「あなたは神への忠誠を保たなければならない」より編集

前へ: 信者としての本分は神のために証しすること

次へ: あなたは赤い大きな竜の前で神を証しできるか

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

神に味方する人はあまりにも少ない

神は人に多くの働きを為した 人の救いのために 人が神に味方するために 神は多くを語った しかし神は心を同じくする者を ほんの少ししか得なかった そこで神はこう言った 「人は神の言葉を大切にしない それは人が神に味方しないからだ」 神の働きはただ 人が神を礼拝するためではない…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすること…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

堕落した人類の悲哀

幾時代も神と共に歩みながら 一体誰が知っているだろうか 神が万物の運命を治め指揮し導いていることを 人が心に留めないのは 神の業が曖昧だからでも 計画が果たされていないからでもなく 人の心と霊が神から離れているからだ 彼らは神に従う時でさえ 気づかぬままサタンに仕えている …

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索