228 過去が剣のように私を刺しとおす

1

かつての主への信仰を思い出すと 自分の行ないが悔やまれる

終わりの日の神の働きを拒んでしまい 永遠の悔いが残っている

毎日主の再臨を夢見て

天国に引き上げられるのをひたすら心待ちにしていたのに

主が扉を叩いて終わりの日の救いが現われたとき 私はそれを受け入れなかった

神を信じることは聖書を信じることだと考え

聖書の中に神を閉じ込めた

求める心がないまま わめき散らして勝手に神の働きを判断した

必死に教会を封鎖して 信者が真の道を求めて調べるのを阻んだ

自分の名誉と地位を守るため 信者を手中に閉じ込めた

何年も神に仕えたのに、神に抵抗する張本人になるなんて想像もしなかった

消えない罪がいつまでも私を苛む

2

私はとても反抗的だったのに 神は私を憐れみ何とか救おうとした

神は御言葉で何度も心の扉を叩き 私の頑なな心を振り向かせた

私は御言葉の裁きと刑罰を受け入れ 自分がいかに愚かで盲目かを知った

神がもつものと神そのものの豊かさは 人には決して理解できない(測り知れない)

神の働きはどんな規則にも縛られず 常に前進する

なのに私は神の働きを聖書の言葉に閉じ込め 途方もなく傲慢だった

私が邪魔したせいで 多くの信者が救いの機会を失った

神を信じていながら 地位を巡って神と張り合い まさに現代のパリサイ人だった

呪われるべき行ないなのに 神は悔い改めの機会をくださった

神の真の愛を知って 大きな恩を感じている

ああ神よ あなたを信じていながらあなたを知らず 抵抗して裁いてしまった

私は実にサタンと同類だ あなたの憐れみと救いに価しない

ああ神よ 悔い改めてあなたの裁きを受け入れます

何としても真理を求め 本分を尽くしてあなたの愛に報います

前へ: 227 神を信じて真理を得ることは貴重である

次へ: 229 自分を省みれば行くべき道が開ける

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

156 キリストは聖霊のあらゆる有様を表す

1受肉した神は人間の本質を知り全ての人の行いとりわけ人の堕落した性質と反抗的な行為を露わにする神は俗人と生活しないがその本性と堕落を知っているこれこそ神の存在そのもの神はこの世を取り扱わないが処世の規則を知っているなぜなら神は人類とその本性を完全に理解しているから2神は今日と過去…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索