質問 11:ユアン牧師は信仰のため中共に迫害されたのに、逆に協力して全能神に逆らうなんて明らかに神様に反抗してるでしょう? なぜこんなに不実で悪意があるのかしら?

回答:神様は受肉するたびに宗教界の悪魔反キリストを曝露します。主イエスが現われた時は偽善的なパリサイ人と反キリストの邪悪な勢力をすべてあばきました。今は全能神が現われ終わりの日の宗教界に巣食う、悪の反キリスト勢力が曝露されました。受肉した神様の現われと働きによって大勢が曝露され悪魔の中共に迫害された宗教指導者も沢山いますが、10年も20年も投獄される人もいて妻や子供と引き離され家族がばらばらにされたのに、まだ悪魔の中共の本性が分からないのです。全能神が真理を示し終わりの日の裁きの働きをされると悪魔の中共に協力し狂ったように全能神を非難して逆らい、再び神様を磔にするのです。彼らに真理を憎み神様に逆らうサタン的な本性があるためです。宗教界は悪魔政権と同様サタンの陣営に属し神様を非難し逆らう邪悪な勢力です。全能神の言葉をもう一節読みましょう。全能神は言われます。「そのうちの何人が真理を求め、義に付き従っているのか。彼らは皆、糞の中の臭い蠅の一群の先頭に立つ豚や犬のような畜生であり、満足そうに頭を振って、あらゆる災難を起こして[1]いる。悪魔は自分たちの地獄の王がすべての王の中で最も偉大だと信じ、自分たちが臭い蠅に過ぎないことなど知らない。……背中に緑色の羽根を付けて(これは彼らの神を信仰しているという主張を指す)、自惚れて自分の美しさと魅力を至るところで自慢するが、同時に自分の不純物を密かに人間になすりつける。さらに、あたかも虹色の羽根を使って自分の不純物を隠すことができるかのように、彼らは自分に極めて満足している。また、その手段を用いて真の神の存在を圧迫する(これは宗教界の舞台裏で起きていることを指す)。蠅の羽根がどれほど美しく魅力的であろうと、蠅そのものはつまるところ腹の中は不浄に満ち、身体は細菌に覆われた小さな生き物に過ぎないことが、どうして人間にわかるであろうか。親である豚や犬の力を借り、彼らはその野蛮さを抑えることなく地上で暴れ回る(これは神を迫害する宗教関係者が国家政府の強い支援を頼りに真の神と真理に反抗する様子を指す)。あたかもユダヤのパリサイ人の幽霊が神とともに、古巣である赤い大きな竜の国家に戻って来たかのようである。彼らは新たな迫害を行ない、数千年前の仕事を再開したのである。この堕落者の集団が最後には地上で滅びることは確実である。数千年が経過した後、汚れた霊はさらに狡猾で悪賢くなったようである。彼らは神の働きを密かに台無しにする術を常に考えている。狡猾で悪賢く、数千年前の悲劇を自国で再現したがっている。そのため神をあおり、神は大声で叫ぶ寸前の状態である。神は第三の天に戻って彼らを滅ぼさずにいられない」(「働きと入ること(7)」『言葉は肉において現れる』)。裁きの働きをするため全能神が真理を示すと、宗教指導者は非難し反抗するばかりで、悪魔の中共に協力して悪の力を利して宗教界を封鎖して統制を敷き、信者が終わりの日の全能神の働きを学べないよう妨害し中共のスパイになり神様の選民を監視して中共に通報して逮捕させます。悪魔の中共と共同戦線を張り終わりの日の神様の働きを全て消滅させようとしています。これでもう明白です。宗教指導者の多くは中共のように真理を憎むサタンの本性を持つ悪魔の化身であり、神様の敵なのです。全能神が言葉で明らかにした事は正確で、現代の宗教指導者はパリサイ人であり、神様に逆らって昔のパリサイ人を超える悪事を働き、終わりの日の全能神の働きに逆らい非難するのは聖霊への冒涜です。キリストを終わりの日に再び磔にしているのと同じです。終わりの日の全能神の働きにより宗教界の指導者は全て反キリストであることがはっきりしました。

映画『勝利の凱歌』より引用

脚注

1.「あらゆる災難を起こして」とは、悪魔的性質の者が暴動を起こし、神の働きを阻害し、反対することを指す。

前へ: 質問 10:ユァン牧師は聖書をよくご存知で、人に謙遜と忍耐と従順を説かれます。説得力があり、敬虔に見えますが、終わりの日の全能神の働きについて話しを聞き、全能神の言葉は真理だと認めたのになぜ拒否するんでしょう? 噂まで流して終わりの日の神様の働きを非難し逆らって人を全能神に近づけないようにするなんて?

次へ: 質問 12:私たちの兄弟姉妹のほとんどが理解できていないのが、主イエスの登場の前に、パリサイ人たちは会堂で聖書を解読し、人々の前に立ち、祈り、聖書の律法をもって彼らを問いただし、表面的には聖書に反することなど絶対にしない敬虔な人たちに見えましたが、なぜ主イエスから呪われたのか、という事です。彼らはどのように神に反抗したのでしょうか? どのように偽善的だったのでしょう? なぜ神の怒りを買ったのか?

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

質問 1:聖書は神様の業の証しであり、人類に驚くべき利益をもたらしました。聖書を読むと、神様は全ての創造主であり神様の驚異的で偉大な行い、そしてその全能性が理解できます。聖書は神様の言葉の記録であり、神様についての人の証言ではあるものの、ではなぜ人は聖書を読むことによって永遠の命を得ることができないのだろうか? なぜ永遠の命の道については書かれていないのでしょう?

回答:聖書を読むと、神様は全ての創造主であり、私達は神様の驚くべき行いに気づき始めます。これは聖書が神様の最初の2段階の御働きを証しするものだからです。律法の時代と恵みの時代の神様の御言葉と御働き、そして人の証しの記録だからです。ですから、聖書は私達の信仰にはとても重要なのです。…

質問 2:全能神教会では、主イエスの再来について、すでに証をされている、と常々伺っています。そして主イエスの再来こそが全能神だと! 全能神は真理を表し、終末にその裁きの働きをなさいます。しかし宗教界の大半の人々は、主が雲に乗って再臨されると信じています。これは、主イエスが明白に言われたからです。「そのとき、人の子のしるしが天に現れるであろう。またそのとき、地のすべての民族は嘆き、そして力と大いなる栄光とをもって、人の子が天の雲に乗って来るのを、人々は見るであろう」(マタイによる福音書 24:30)。ヨハネの黙示録にも預言されています。「見よ、彼は、雲に乗ってこられる。すべての人の目、ことに、彼を刺しとおした者たちは、彼を仰ぎ見るであろう。また地上の諸族はみな、彼のゆえに胸を打って嘆くであろう」(ヨハネの黙示録 1:7)。私も主が雲に乗って再臨され、我々を天国へ直ちに連れて行って下さると信じています。雲に乗って来られない主イエスを受け入れることはできません。あなた方は、主の再臨は肉の人として、ひそかになされると言います。でも、誰もそのことを知らないと。しかし、主が雲に乗り、公に降臨されるということは絶対的です! ですので、主が雲に乗って公に現れ、直ちに天国にお連れ下さることを、我々は待っています。我々の理解は正しいですか、正しくないですか?

もし主が戻られ、肉の主イエスがなさったようなやり方で、人の間で働いたとしましょう。我々が認めなかったら、パリサイ人がしたようにやはり彼を裁き、彼を非難し、もう一度磔にするでしょうか?その可能性があると思いますか?主イエスは再来することについて多くを語ったが、あなた方は主は雲に乗って来られるというその預言のみに固執し、他の預言を探究していません。これでは主に見捨てられてしまいますね。

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索