269 十字架にかけられたペテロの祈り

1 神よ、ついにあなたの時が来ました。あなたがわたしのために用意された時が来ました。わたしはあなたのために十字架に架けられ、この証しをしなければなりません。わたしの愛があなたの要求を満たし、一層清くなることを願います。今日あなたのために死ねること、あなたのために十字架に架けられることは、わたしにとって慰めとなり、励みとなります。なぜなら、あなたのために十字架に釘付けにされ、あなたの望みを満たし、自らをあなたに捧げ、わたしの命をあなたに捧げることができることはこの上ない喜びだからです。

2 神よ、あなたはほんとうに愛しいお方です。もしわたしが生きることをあなたが許されるならば、わたしは一層あなたを愛することを望むでしょう。生きている限り、わたしはあなたを愛するでしょう。わたしは、あなたを一層深く愛することを望みます。あなたはわたしを裁かれ、刑罰を与えられ、わたしを試されます。なぜならわたしが不義であり、罪を犯したからです。そして、あなたの義なるご性質がわたしには一層明らかになります。それはわたしにとって祝福です。なぜなら、わたしはあなたを一層深く愛することができ、あなたがわたしを愛されなかったとしても、わたしはあなたをこうして愛することを望むからです。わたしはあなたの義なるご性質を見ることを望みます。なぜなら、そうすることにより、わたしは有意義な人生を実際に生きることができるようになるからです。

3 わたしの人生は今より有意義であると感じます。なぜなら、わたしがあなたのために十字架に架けられ、あなたのために死ぬことは意味のあることだからです。しかしながら、わたしはまだ満足していません。なぜなら、わたしはあなたのことをほとんどほんの少ししか知らず、わたしはあなたの望みを完全に満たせず、あなたにほとんどほんの僅かしか報いなかったからです。わたしは人生においてわたしのすべてをあなたに報いることができずにおり、それには遠く及びません。今、振り返ってみると、わたしはあなたに大きな負債があり、自分のすべての過ちと、わたしがあなたに報いなかった全ての愛を償うために、わたしにはこの瞬間しかありません。

前へ: 268 私は喜んで神の働きに服従する

次へ: 270 神様への忠実な心

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索