432 常に神の前で静まる者は敬虔な人

1 あなたは頻繁に神の前に出て、神の御言葉を飲食し、神の御言葉について熟考し、神による鍛えと導きを受け入れなくてはなりません。神があなたのために備えたあらゆる環境、人、物事に従うことができなくてはならず、完全に理解できない事柄に関しては、真理を求めつつ頻繁に祈らなければなりません。神の旨を理解して初めて、進むべき道を見つけることができるのです。あなたは神を畏れ、すべきことを慎重に行なわなければなりません。頻繁に神の前で平安でなくてはならず、放蕩であってはなりません。少なくとも、何かが自分に起こったなら、最初の反応は落ち着き、そしてすぐに祈ることであるべきです。祈り、待ち、求めることで、神の旨を理解するのです。

2 もし心の奥底で神を畏れ、神に従い、神の前に静まって神の旨を把握できるならば、そのような協調と実践により、あなたは守られます。試みに遭遇することも、神に背くことも、神の経営の働きを妨害することもなく、神の嫌悪をかき立てるようなことをすることもありません。心が常に神の前で生きていれば、抑制が働き、多くの物事において神を畏れます。行き過ぎることがなく、あるいは自堕落なことをすることもありません。神が嫌うことをせず、理知に欠けた言葉を語ることもありません。神の観察を受け入れ、神の鍛錬を受け入れれば、多くの悪事をしないようになります。このようにして、あなたは悪を避けるのではないでしょうか。

3 神への信仰において、戸惑いの状態にあることが多く、自分の心に神がいるかどうかが分からず、自分が心の中で何をしたいと望んでいるかを知らないのであれば、また神の前で心穏やかでいることができず、何かが起きたときに神に祈ったり真理を探し求めたりしないのであれば、さらに、自分の意志に従って行動することが多く、自分のサタン的性質に従って生き、傲慢な性質をあらわにするのであれば、そして神の精査や鍛錬を受け入れず、神に服従しないのであれば、こうした人々は常にサタンの前で生き、自分のサタン的性質に支配されます。よって、こうした人々は神への畏敬をこれっぽっちも持っていません。彼らは悪を避けることがどうしてもできず、たとえ悪事をしないにしても、考えることはみな悪であり、真理と結びついておらず、真理に反しています。彼らは悪をなすことを自分の権利だと考え、神への信仰を一種の題目、儀式の一形態として扱います。彼らは非信者です!

『キリストの言葉の記録』の「常に神の前で生きてのみ、救いの道を歩くことができる」より編集

前へ: 431 神の前で心を静めることの効果

次へ: 433 あなたの心を神に捧げる時

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

101 神の救いの業の目的

1神には6000年に渡る救いの計画がありそれは3つの段階に分かれている律法の時代次に恵みの時代そして最後の段階は神の国の時代と呼ばれているそれぞれの段階で神の業は違うが全ては人類に必要であり神と戦う サタンの企みに対処するもの神の業の目的は神の知恵と全能を現しサタンの企みを暴き打…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索