常に神の前で静まる者は敬虔な人

あなたは頻繁に神の前に出て、神の言葉を飲み食いし、神の言葉について熟考し、神による鍛えと導きを受け入れなくてはならない。神があなたのために備えたあらゆる環境、人、物事に従うことができなくてはならず、完全に理解できない事柄に関しては、真理を求めつつ頻繁に祈らなければならない。神の旨を理解して初めて、進むべき道を見つけることができるのだ。あなたは神を畏れ、すべきことを慎重に行なわなければならない。頻繁に神の前で平安でなくてはならず、放蕩であってはならない。少なくとも、何かが自分に起こったなら、最初の反応は落ち着き、そしてすぐに祈ることであるべきだ。祈り、待ち、求めることで、神の旨を理解するのである。

もし心の奥底で神を畏れ、神に従い、神の前に静まって神の旨を把握できるならば、そのような協調と実践により、あなたは守られる。試みに遭遇することも、神に背くことも、神の経営の働きを妨害することもなく、神に嫌悪をかき立てるようなことをすることもない。心が常に神の前で生きていれば、抑制が働き、多くの物事において神を畏れる。行き過ぎることがなく、あるいは自堕落なことをすることもない。神が嫌うことをせず、理知に欠けた言葉を語ることもない。神の観察を受け入れ、神の鍛錬を受け入れれば、多くの悪事をしないようになる。このようにして悪を避けるのである。

真理を愛さない人は自分に何かが起きたとき、神に祈ることも、真理を求めることもしない。こうした人は自分の意志に従って行動することが多く、自分のサタン的性質に従って生き、傲慢な性質をあらわにする。また神の吟味や鍛錬を受け入れず、神に服従しない。この種の人は常にサタンの前で生き、自分のサタン的性質に支配される。こうした人は神への畏敬をこれっぽっちも持っていない。彼らは悪を避けることがどうしてもできず、たとえ悪事をしないにしても、考えることはみな悪であり、真理と結びついておらず、真理に反している。

『キリストの言葉の記録』の「常に神の前で生きてのみ、救いの道を歩くことができる」より編集

前へ: 神の言葉なくしていのちの追求はできない

次へ: 神を信じる意義はとても奥深い

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。
連絡先
Line経由で連絡する

関連記事

あなたがたは真理を受け入れる人になるべきだ

自分自身の道を選びなさい 真理を拒んだり聖霊を冒瀆せずに 無知にならないで、傲慢にならないで 聖霊の導きに従いなさい イエスの再臨は 真理を受け入れる全ての人にとって 大いなる救いだ イエスの再臨は 真理を受け入れられない人を罪に定める Oh… 真理を渇望し、求めなさい あな…

患難の中で証しに立つ者たちは勝利者だ

神の国の時代 人は完全にされる 神の国の時代に実に完全に 征服の業が終わる時 人は精錬と患難を通らされる 征服が終われば 患難の中、勝利する者、証しに立つ者 ああ、彼らこそが 最後に完全にされ、勝利者となるだろう 患難の間 人には精錬が望まれる それは神の業の最終段階だ 神…

神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

神の霊を まとった肉は 神自身の 肉である 全能・・崇高・・聖にして・・正しい それはまさに 神の霊と 同じである 人々のため このような肉は 善き事だけを 為す事が出来る 聖なる・・偉大で・・栄光に・・・満ちた 栄光に 満ちた事のみを 為す事が出来る 肉なる神は 真理に背いた…

神は人の真心を望む

今の人は神を大切にしない 彼らの心の中に神はいない 苦難が訪れる日 人は神へ真の愛を示せるのか 神の業は人の心に価しないのか 何故人は神に心を捧げないのか 何故人は心を固く守り手放さないのか 人の心は喜びと平和を保証できるのか 人の正義に形などはなく 触れたり見たりすることは…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索