肉を捨てることの実践

大小問わず

何かが起れば自己を放棄して

肉を最も卑しいものと見なしなさい

肉を満足させれば

それはより求めて勝手に振舞うようになり

更に欲望は増し、放蕩に耽る

肉はより深い観念を抱き

神に逆らい

おごり高ぶり

神の業に疑いをもつようにさえなる

苦難に耐えるべき時は

神の意志を理解し 心に留め

自分の満足は後にしなさい

肉ほど卑しいものはない

神を求めて満足させ

本分を尽くすべきと思っていれば

神は特別な啓きをもたらし

あなたの心は安らぐだろう

人間の肉は蛇のように命を傷つける

肉が思いのままに振舞ってしまえば

命は台無しになり

肉はサタンに属し

利己的で欲望を持っていて

快適さと享楽そして安楽と怠惰を欲している

肉をある程度まで満たすと

あなたは最終的に肉に食いつくされてしまうだろう

苦難に耐えるべき時は

神の意志を理解し 心に留め

自分の満足は後にしなさい

肉ほど卑しいものはない

神を求めて満足させ

本分を尽くすべきと思っていれば

神は特別な啓きをもたらし

あなたの心は安らぐだろう

あなたの心は安らぐだろう

『言葉は肉において現れる』の「神を愛することだけが本当に神を信じることである」より編集

前へ: 肉に背くことは真理を実践すること

次へ: 肉に背くことの意義

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

パリサイ人たちがイエスに反抗した理由の根拠

あなたは何故パリサイ人たちが イエスに反抗したのか知りたいか? 彼らの本質が何であるのか知りたいか? 彼らはメシアへの幻想と メシアの到来を信じるだけで いのちの真理は求めていなかった 彼らは救い主を待っているが それは真理といのちの道を知らないから これ程愚かで・・頑なで…

神は誠実な者を祝福する

あなたが神だけに心を捧げ 決して裏切らず どんな立場の人も決して欺かず 神に何も隠しごとをしない時 神の歓心や微笑みを求めたりせずに どんなことも私心なく行う時 あなたは誠実であると言えるのだ 誠実とは あらゆる言葉や行いにおいてけがれを避け 神も人も欺かないこと 誠実とは …

あなたは肯定的な進歩を追い求めるべきだ

人が神の意志を理解し 共通の理想のために 神を満足させるよう共に働き 神の国への道を共に進むことを 神は願っている 無用な観念を持つ必要などあるのだろうか? 今まで神のために存在しない者などいただろうか? それなら悲しみも 嘆きも ため息も 何になるというのか? これは誰のた…

神の権威はいたるところにある

神の権威はどんな状況にもある 神は全ての者の運命と全てのことを 思いと望みのままに定め、采配する それは人の変化によらず 人の意志とも関係ない また時間や空間や地理など いかなる変化によっても変わらない 神の権威はまさに神の実質だからだ 神の権威は神だけのもの 人にも場所にも何…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索