本分において真理を実践することが鍵

人は本分を尽くすことで

変えられて行き

自分の忠誠を示す

その過程は同じだ

本分を尽くすほど

多くの真理を受け

その表現は

そう!より実際的になる

本分を尽くすとき見せかけばかりで

真理を追求していない人は

最終的に排除されるだろう

彼らは真理の実践において本分を尽くさず

本分を尽くす際

真理を実践してもいない

人は本分を尽くすことで

変えられて行き

自分の忠誠を示す

その過程は同じだ

本分を尽くすほど

多くの真理を受け

その表現は

そう!より実際的になる

本分を尽くすとき見せかけばかりで

真理を追求していない人は

最終的に排除されるだろう

彼らは変わることがなく

神に呪われる

表現は不純で

彼らが表すものはすべて

邪悪以外の何物でもない

人は本分を尽くすことで

変えられて行き

自分の忠誠を示す

その過程は同じだ

本分を尽くすほど

多くの真理を受け

その表現は

そう!より実際的になる

『言葉は肉において現れる』の「受肉した神の職分と人間の本分の違い」より編集

前へ: 人の本分は被造物としての召命である

次へ: 神が重点を置くのは人の心である

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

罪に捕らえられた悔い改めない人々は救いようがない

自分の肉や安楽だけを考える者 信仰の確信のない者 魔術師や妖術師 好色で落ちぶれた者 神から盗み、捧げものを奪う者 賄賂を愛し、天国をぼんやり夢見る者 高慢で名利を追い求める者 不遜な言葉を広め 冒涜的で神をそしる者 神を裁く者 徒党を組み集う者 神の上に立うとする者 浮…

人を救う神の意図は変わることがない

人々は、神の様々な性質、神がもつもの、神であるものの側面、また神の働きについてはある程度理解しているものの、この理解の大部分が、表面的な読書、原理の理解、あるいは単にそれらについて考えることに留まっています。人間に最も不足しているのは、実経験から得られる真の理解と見解です。…

人間に対する神の姿勢

神は決然としてことを為す 神の目的と原則はいつも 簡潔で明瞭だ 企みも策略も 一切なく 全てが純粋で完璧だ 神の本質には 闇も悪も全くない 人々の邪悪な行いが 神を怒らせる時 真に悔い改めなければ 神は彼らの上に 怒りを注ぐ 人々が神に背き続けるなら 神の憤りは 彼らが滅ぶま…

人を救うからには神は人を完全に救う

神は人を創造したが故 みずから人を導く 救うからには神は人を救い完全に得る 神は人を導くが故 人を連れて行く 人を正しい方へ連れて行く 創り救うからには 神は人の前途や運命の 全ての責任を負わなければならない これが創造主によってなされた業 もし人類の将来を奪えば 征服の業は成し…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索