215 モアブの子孫の神への賛美

1

モアブの子孫が苦悩に嘆く

悲しい泣き顔で

御言葉の裁きに恐怖で震える

涙ながら 肉は裁きの火にさらされる

モアブの子孫が苦悩に嘆く

厳しい裁きで地獄へ送られ

苦痛と罰が降りかかる

試練と絶望の中 あなたを求め

より自らを憎む

あなたを信じてもあなたに属さないなら悲劇だ

自責の念に涙し 胸を叩く

火の試練に苦しみながら

モアブの子孫が苦悩に嘆く

祝福を望みつつ

神の裁きの中で消滅し

堕落は刑罰により除かれ

悔恨から奮起し 神を愛する決意をする

モアブの子孫は賛美を捧げる

神は愛すべき方 ずっと神を愛する

2

あなたを信じても喜ばせない

人と呼ばれる価値はない

良心があれば 立ち上がり証しする

あなたが忌み嫌おうと

恥じずにあなたを愛するだろう

モアブの子だが

あなたへの愛は変わらない

大勢があなたの意志を求め

あなたを十分に愛したい

また満足させたいと証しを整え

あなたの愛に報いようと命を捧げる

モアブの子孫が苦悩に嘆く

祝福を望みつつ

神の裁きの中で消滅し

堕落は刑罰により除かれ

悔恨から奮起し 神を愛する決意をする

モアブの子孫は賛美を捧げる

神は愛すべき方 ずっと神を愛する

前へ: 214 神様に仕えることは私たちの幸運

次へ: 216 おお、神よ、私は貴方を離れられない

信仰上の悩みや疑問がありましたら、いつでもご連絡ください。

関連記事

111 神は六千年に及ぶ救いの計画における支配者である

1 神は初めであり終わりである。神の働きを始動させるのは神自身なのだから、前の時代を終わらせるのも神自身でなければならない。それは、神がサタンを打ち負かし、世界を征服する証拠である。神自身が人々のもとで働くたび、それは新しい戦いの始まりとなる。新しい働きの始まりがなければ、当然古…

905 神の権威を知るための道

1神の権威と力神に固有の身分と本質についての認識はあなたの想像力によって得られるものではない「想像するな」ということは「何もせずただ座って破滅を待て」という意味ではなく「論理を用いて推測せず知識や科学を通して研究するな」という意味である神の言葉を食べ 飲み 体験する中であなたは神…

155 神の肉と霊は全く同じ本質を持つ

1 神の霊が纏っている肉は神自身の肉である。神の霊は至高であり、全能で、聖く、義である。同様に、神の肉も至高であり、全能で、聖く、義である。2 このような肉は、人間にとって義であり有益なこと、聖いこと、栄光あること、そして力あることしか行えず、真理や道義に反することはできず、まし…

1015 神が人に授ける最高の祝福

1神のことばの完成により神の国が形成する人が正常に戻るとともに神の国がここにある神の国の民は正常な生活を取り戻し今日は神の前に生き明日は神の国で生きる全地は喜びと温かい心で満ちる神の国がこの地上にある神の国がこの地上にある2凍える冬は常春の世界となり人は悲惨なめに遭うことも凍える…

設定

  • 文章
  • テーマ

単色

テーマ

フォント

文字サイズ

行間

行間

ページ幅

目次

検索する

  • 表示テキスト内検索
  • 全文検索